月を大きく撮るには?

《スーパームーン対策》 月を大きく、
画面いっぱいに撮るには?

スーパームーンと聞くと、月にカメラを向けてみたくなりますよね。 でも、月を撮ってみると「思ったより小さくしか撮れないな」と気づくと思います(スマートフォンはもちろん、一眼レフでも)。 では、画面いっぱいに月を撮るには、どうしたらいいのでしょうか?

基本は
「望遠レンズ & トリミング」。

月の大写しの基本は「望遠レンズ&トリミング」

画面いっぱいに月を撮るためには、焦点距離 2,000mm相当の「超望遠レンズ」が必要です。でも、そんなレンズ、なかなか用意できるものじゃありません。だから、月の大写しは「トリミング(切り取り)」が基本。月が写っているあたりを切り取って「大写し」に加工するわけです。

画像編集ソフトがあれば簡単にできるワザですが、トリミングすると画素が少なくなり、プリントサイズも小さくなってしまうので、切り取る前の写真のクオリティが重要。できるだけ月を大きく写せる望遠レンズと、高画素のカメラを使いましょう。

でも、加工なしに大写しにできたら一番いいですよね。それには「高倍率ズーム」が得意なコンパクトカメラが便利です。

月を写すなら
高倍率ズームのコンパクトカメラ
が便利!

高倍率ズームのコンパクトカメラで撮影した月

PowerShot SX70 HS
プログレッシブファインズーム130倍で撮影

画面いっぱいに月を写したこの写真は、キヤノンのコンパクトカメラ PowerShot SX70 HS で撮影したもの。トリミングなどの加工「なし」です。

PowerShot SX70 HS は「光学ズーム65倍」、高画質なズーム撮影が楽しめるカメラですが、さらにデジタルズームの「プログレッシブファインズーム130倍」を使用すると、遥か彼方の天体も引き寄せる「2730mm相当」の超望遠撮影が可能です。このくらいズームできるカメラだと「画面いっぱいの月」写真が手軽に撮れるので、月の撮影が捗りますよ。

月はスーパームーンに限らず、日々の変化も魅力的な被写体。
「でっかく」写して楽しみましょう!

  • ※ 35mmフィルム換算

arrow

月を大きく撮りたい方におすすめ。
PowerShot SX70 HS

PowerShot SX70 HS

高画質な「光学65倍ズーム」、さらに高倍率な「プログレッシブファインズーム130倍」で、遥か彼方の月を引き寄せることができます。

月の撮り方をもっと知りたい方に。
「星空写真」の撮り方入門

「星空写真」の撮り方入門

月の撮り方から星空の撮り方のコツを天体写真家・中西昭雄先生が解説します。「星空写真」にチャレンジ!