山風景撮影に必須!? 防虫素材「スコーロン」とは!?

着る防虫着る防虫

着るだけで不快な虫から身を守る
「スコーロン®

トレッキング、ガーデニング、写真撮影。この時期、屋外活動の「天敵」といえば不快な虫! そこでオススメしたいのが、着るだけでOKな防虫ウェア「スコーロン®」。
「スコーロン®」とは、テイジンとアース製薬が共同開発した繊維に虫を寄せつけない特殊加工を施した素材。アウトドアブランド「Foxfire」は、この素材を積極的に採用したウェアを展開しています。
キヤノンイメージゲートウェイでは、写真を楽しむ皆さまのために「スコーロン®」をご紹介。「スコーロン®」愛用中の写真家・工藤智道先生が新作ウェアを着用したインプレッションを語ります。

写真撮影や山歩き、庭仕事、お散歩中に
「不快な虫」から身を守る!
テイジン×アース製薬が開発した
防虫素材「スコーロン®」とは?

虫

着るだけで防虫効果を発揮する「スコーロン®」のメカニズムとは? まず、生地表面にとまった不快な虫が、触覚と足の先にある感覚器で「スコーロン®」を感知。イヤな成分に気付いた虫が近づかなくなる仕組みです。ナノテクノロジーを応用した防虫剤の接着技術により、洗濯を繰り返しても防虫効果が持続。しかも、人体への安全性にも留意した素材です。


ウェアのラインアップを見る

風景写真撮影のプロフェッショナル
工藤智道先生が「スコーロン®」を試す!
さて、そのインプレッションとは?

SCモクテンフーディ

サラッとした薄手の素材なので、季節を問わず着られるウェアですね。フードをかぶれば顔のまわりに寄ってくる虫を気にしなくて済みますし、長袖だから日焼けしたくない真夏の撮影にも使えます。フルジップなので着脱もラクですね。


価格やカラーバリエーションをチェック

SCモクテンロゴT

素肌に優しい素材で、気持ちのいい着用感があるロングスリーブTシャツですね。野外で写真撮影に集中するには、防虫効果やUVカット機能はもちろんですが、着心地の良さも重要です。汗を吸ってもすぐ乾く素材なので夏場は手放せないウェアになりそう。薄手で乾きやすいから、旅先での洗濯も助かります。


価格やカラーバリエーションをチェック

写真家による使用インプレッション虫を寄せつけない「スコーロン®」の
実力を思い知った撮影シーン!

シダの森© TOMOMICHI KUDO

地面を覆うシダの森。写真撮影のため森に入ると、すぐにイヤな虫に見つかってしまいました。風景写真の撮影では、息を潜めてじっとシャッターチャンスを待ったり、長時間露光で撮ることも多いので、必然的に虫が集まってくる(笑)。虫対策は悩みのタネでしたが、着る防虫「スコーロン®」が身を守ってくれたので、目の前の風景に集中することができました。

野外での撮影に役立つアイテム豊富!Foxfire「スコーロン®」の
ラインアップ

ファッション性と防虫機能を
両立した女性用ウェア

FoxfireとはFoxfire

Foxfireとは創立は1982年。「Foxfire」は、日本発の本格アウトドアブランドです。自然との融和や共生をテーマに、フライフィッシング、ネイチャーフォト、トレッキングなど、幅広いシーンで使えるクロージングやギアを展開しています。

工藤智道先生工藤智道先生

工藤智道先生1969年、神奈川県横浜市生まれ。日本写真芸術専門学校卒。卒業後、風景写真家・竹内敏信氏に師事。4年間のアシスタントを経て独立。日本の自然風景、都市風景を撮り、夜景や花火の撮影もこなす。写真専門誌での撮影・執筆も数多くパソコン誌、デジタルカメラ専門誌でも活躍。日本写真家協会会員。EOS学園東京校講師。EOS学園 工藤智道先生のページへ

キヤノンイメージゲートウェイ TOPへ >