EOS 90D - SL写真家 都築雅人に学ぶ撮影テクニック

EOS 90D SL写真家 都築雅人に学ぶ撮影テクニック

著者

T.M

キヤノンイメージゲートウェイ編集部

2019.9.30

蒸気機関車と暮らしの情景をテーマにした「煙情日記」で知られる写真家・都築雅人さん。EOS 90Dによる撮り下ろし作品と撮影テクニックをうかがいました。

ギャラリー&フォトテクニック 鉄道撮影 × EOS 90D

歩いてくる女性たちの動きを追尾する
「EOS iTR AF」が威力を発揮!

作例1 磐越西線(鹿瀬~日出谷)

磐越西線(鹿瀬~日出谷)
EOS 90D・EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM・F8・1/800秒・ISO320

農作業に精を出していた女性たちは、遠くから汽笛が聞こえると作業をやめて昼食の支度のため自宅へ戻ります。女性たちが築堤下の小道を歩いていると、「SLばんえつ物語号」が追いかけてきました。

鉄橋を渡ってくるSLの煙は、阿賀野川の川風で左右のどちらかに倒れてしまいます。煙がこちら側に倒れることを想定。ファインダー撮影時に被写体の顔を検知して追尾する「EOS iTR* AF」を使って、女性たちの顔を撮ってみました。

135mm望遠から18mm の広角までズームアウトしながら撮影しましたが、煙に惑わされることなく全てカットのピントが女性たちにぴったりきていました。

※ iTR = intelligent Tracking and Recognition。測距エリア選択モードが「ゾーンAF」、「ラージゾーンAF」、「自動選択AF」時に機能。

separate line

どんな体勢、アングルでも
軽快にシャッターが切れる。

作例2 釜石線(平倉~足ヶ瀬)

釜石線(平倉~足ヶ瀬)
EOS 90D・EF70-200mm F2.8L IS III USM・F2.8・1/1000秒・ISO2000

この付近は、すっかり夏の有名撮影地となり、線路脇のあぜ道は写真愛好家でいっぱいに。入る隙間もないので、私はサイドにまわってみました。

EOS 90Dにキットレンズでもある EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM を付けて脚立の上から手持ちで構えました。コンパクトで軽量なボディとレンズはバランス良好で手に馴染みます。シャッターを押す感覚も軽く心地よく、写真がSDカードに吸い込まれていく感覚。

100mmぐらいの中望遠にして、SLがカーブにさしかかった瞬間から連写。あたり一面に広がるヒマワリの中を行くカットが撮れました。

separate line

秒間約10コマの連続撮影だからこその
ベストタイミング。

作例3 真岡鐵道(益子~北山)

真岡鐵道(益子~北山)
EOS 90D・EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM・F11・1/800秒・ISO400

汽笛を鳴らし益子駅を出発した「SLもおか号」。橋梁の下でSLが見たいとお嬢さんが言い出して、困ったお母さんはイヤイヤ付き合っていました。この様子が愉快だったので声をかけ撮らせてもらいました。

とっさにアングルを縦位置に変え、ゾーンAFで親子にピントを合わせました。橋梁に差し掛かる瞬間から、EOS 90Dの連写機能を生かして撮影した一枚です。

炎天下での通過、煙も期待できないのでシャッタースピードをスローにしてSLをわざと流しています。

separate line

焦点距離1.6倍のAPS-Cサイズだからこそ得られる
望遠撮影。

作例4 真岡鐵道(茂木駅)

真岡鐵道(茂木駅)
EOS 90D・EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM・F7.1・1/800秒・ISO200

出発の時間が迫りますが、乗客たちはSLの写真撮影に夢中。早く車内に乗せようと車掌は時計を気にしています。

かなり距離があったため、レンズは EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM を使用。焦点距離が1.6倍になるAPS-CサイズのEOS 90Dは重宝します。茂木駅は新しい駅舎になっていますが、望遠側でねらうとローカル色あふれる雰囲気になりました。

SLは正面から望遠でねらうと「距離感」が圧縮され、煙が後ろに高く舞い上がるように見えるため、さらに迫力が増します。

鉄道写真の第一人者にクエスチョン! 「EOS 90Dってどんな感じ?」 EOS 90Dってどんな感じ?

EOS 90Dのこと、プロフェッショナルに聞きたい!」。そんな皆さんからの「質問」に写真家が回答するコーナーです。最初の質問、どうぞ!

Q1. AFサーボの性能は?

会員アイコン ヨッシーさん

AIサーボ時の連写はどうですか? AFはちゃんと食いついてきますか?

arrow

写真家 都築雅人 都築雅人先生

早く動く被写体に追従する「EOS iTR AF」はなかなか優秀。

都築先生の回答:
かなり良好です。ある日、線路と平行した小道で自転車に乗った部活帰りの女子中学生と遭遇しました。ちょうどSLも駅を出発、彼女は並走してやってきました。SLか中学生かどちらにピンを合わせようか直前まで悩みましたが、一生懸命夢中に自転車をこぐ中学生が愛しく見えて、彼女の顔にピントを合わせました。

最初は列車の動きや人の動きも1点AFでの撮影をしていましたが、とっさにラージゾーンAFにチェンジして、顔にピントを合わせ続ける「EOS iTR AF」を活用しました。

彼女は前方でカメラを構える私と、横を並走するSLを気にしながら必死に自転車をこいできました。撮影の邪魔になったかと思っていたようです。その姿が愛しく見えました。ピントは彼女の顔を外すことなくすべて合っていました。EOS 90Dを使った初のカットは、思いがけない傑作作品となりました。

separate line

Q2. APS-C? フルサイズ?

会員アイコン としさん さん

フルサイズとAPS-Cだったら、どちらで鉄道を撮りたいですか? また、それぞれで撮りたいシーンの作例があったら知りたいです。

arrow

写真家 都築雅人 都築雅人先生

被写体によって使い分けますが、
APS-Cサイズの優位性は焦点距離が1.6倍に伸びること。

都築先生の回答:
フルサイズとAPS-C、被写体物によって使い分けています。

スナップ撮影はフルサイズのボディを使っています。この作品のときは広角レンズを付け、人の動きを見つつ後ずさりしながらシャッターを押しました。

APS-CサイズはEOS 7D Mark II同様、エクステンダーがなくても望遠効果が得られるので重宝しています。この作品のように煙や背景を圧縮させて距離感を詰めると旅情あふれ、まったく違った絵となります。

separate line

Q3. EOS 90Dはメインカメラになる?

会員アイコン マルティニさん

普段メインで使用しているカメラは何ですか? EOS 90Dがそのメインのカメラにとって代わりますか? 撮影で心がけていること、鉄道を撮り始めたきっかけも聞きたいです。

arrow

写真家 都築雅人 都築雅人先生

EOS 90Dは、望遠が必要なシーンで主役に躍り出ます。

都築先生の回答:
メインで使う機材は、EOS 5D Mark IV、EOS-1D X Mark IIです。今年1月から EOS R を使い始めました。これからは EOS 90DEOS R を並行して使っていくつもりです。

EOS 90Dは、すべての場面で「メイン」とはいきませんが、望遠を必要とする取材に合わせ使っているので、いつも1台、カメラバックに忍ばせています。

1968年、小学校5年生だった私。自宅近くを走る総武線のSLが引退ということでカメラ「キヤノンデミ E」を買ってもらって撮り始めたのが、鉄道人生の始まりです。このときから現在まで、ずっとキヤノンを愛用しています。

私が中高生時代に夢中で撮った旧国鉄時代のSLたち。かつて撮れなかったSL旅情、昭和的雰囲気がある画像を現在も撮り続けています。私の写真展のタイトルにもなっている「煙情日記」とは、私の撮影記録。生活感を出したドキュメンタリー的な作品を心がけ、今後も撮影に励みます。

都築雅人先生から 鉄道撮影ファンへの
メッセージ

オフショット

撮影に出かけたら、その地域の沿線を歩くことにしています。線路脇の道端で地元の方がいたら立ち話でもしながら、周辺の季節やお祭りなどの話を聞いたりします。

興味ある被写体があったら列車とからめて撮影してみましょう。撮った写真は、次回再訪した際に見せてあげましょう。徐々に親交も深まっていきます。

私は年に一度は近況報告がてら各地へ行きます。ある老人ご夫婦と知り合いになり何度かお会いしているうちに、今では地元の野菜やお米を送っていただいています。故郷がない私にとって、このふれあいほどうれしいことはありません。

有名撮影地で撮るのもいいかもしれませんが、軽くコンパクトになったEOS 90Dをぶらさげて、沿線を気ままに歩いてみるのはいかがでしょうか。

他のジャンルもチェック! EOS 90D 撮影テクニック

EOS 90D 写真家4人の限界突破トーク

EOS 90D スペシャルサイト

separate line