ホーム > 隠れた色彩を引き出す冬風景の表現

センスアップ!
写真のキメ手は表現力

講師 : 川合麻紀 (写真家・EOS学園講師)>プロフィール

隠れた色彩を引き出す冬風景の表現

写真家・川合麻紀先生

この時期、あちこちでイルミネーションの点灯のニュースが聞こえてきます。ぜひ写真を撮りに出かけてみましょう。イルミネーションのスポットには人々が集まり、笑顔があふれ、撮っていても幸せな気持ちになります。
また、冬になると撮るものは少なくはなりますが、冬ならではの美しい景色に出会えます。白一色ではない冬の色彩を引き出す写真の楽しみ方も提案します。春を待つ間、冬の風景撮影を楽しんでみませんか?

写真家・川合麻紀先生

川合麻紀

彩り写真家。さまざまな被写体を独特の色彩感覚で切りとる。女性限定写真教室Atelier Kawaiiphoto主宰。EOS学園、クラブツーリズム、TVなどでの講師実績、展示会での発表多数。書籍「露出を身につければ写真が変わる! 光と色の撮り方教室(朝日新聞出版)」など。公益社団法人日本写真家協会、公益社団法人日本写真協会会員。

雪景色を一面ブルーの世界に

雪景色を一面ブルーの世界に

EOS 5D Mark III・EF24-70mm F4L IS USM・絞り優先AE(F16・1/350秒)・+1 1/2補正・ISO200・ホワイトバランス:白色蛍光灯・ピクチャースタイル:風景

見渡す限り雪原の雪景色。ただそこに木があるだけでとても絵になります。逆光で木々の「影」が手前に長く伸びる時間をねらって出かけました。雪原と影のコントラストがねらいです。
夕方なので、本来は画面全体が赤くなる時間帯ですが、雪の表面のきらめきが美しい青のイメージにしたいと考え、ホワイトバランスは〈白色蛍光灯〉を選びました。ピクチャースタイル〈風景〉との組み合わせですと、かなり青が強くなります。
太陽の光が木々の後ろに来るように自分の立ち位置を決め、まっさらな雪に落ちる影の面積を増やすような構図をつくりました。伸びる影が主役とも言える一枚です。

こんなふうにも撮ってみよう

冬の風景の撮り方バリエーション

太陽からの光芒やゴーストを生かした冬景色の印象

太陽からの光芒やゴーストを生かした冬景色の印象

EOS 5D Mark III・EF24-70mm F4L IS USM・絞り優先AE(F16・1/45秒)・+3補正・ISO200・ホワイトバランス:太陽光・ピクチャースタイル:風景

最初の写真と同様、一本の木が主役ではあるのですが、こちらの写真では「広い雪原に1本の木がたたずむ雪景色」というイメージで構図をつくっています。木と影は小さめに配置し、太陽が真上に来る撮影位置を探してみました。タテ位置構図としたのは、雪原の広さよりも空の高さを強調するためです。
太陽がかなり強くまぶしく、絞りを絞ったことで光芒やゴーストも出ています。それが清々しい印象になり、表現として効果的でした。

ブルートーンの雪景色に夕焼けの色を加えた表現

ブルートーンの雪景色に夕焼けの色を加えた表現

EOS 5D Mark III・EF16-35mm F2.8L II USM・絞り優先AE(F16・1/20秒)・+1.5補正・ISO400・ホワイトバランス:太陽光・ピクチャースタイル:風景

夕焼けの時間帯。この日は雲があり、残念ながら太陽が見えない日でした。それでもこの風景の変化を見ていると、空と雪の境目にうっすらと焼けた色が見えてきました。 ホワイトバランスを〈太陽光〉にし、雪が少し青みを帯びるようにしました。本来はもう少しオレンジ色の空も、ピンクっぽくなりました。ブルートーンの中の淡い暖色はほんのり暖かな印象です。真っ赤に焼けた夕景を期待していましたが、むしろ好きなイメージの写真になりました。

こんな表現にもトライ!

さらなるセンスアップを目指して

大自然の厳しさ、強烈な吹雪の様子を伝える雪の描写

大自然の厳しさ、強烈な吹雪の様子を伝える雪の描写

EOS 5D Mark III・EF24-105mm F4L IS USM・絞り優先AE(F16・0.7秒)・+1.5補正・ISO400・ホワイトバランス:太陽光・ホワイトバランス補正(A9, G9)・ ピクチャースタイル:風景・ストロボ使用

まだ薄暗い夜明け。立っていられないほどの強風、そして叩きつけるように向かってくる雪。厳しい天気のときほどフォトジェニックと言えるかもしれません。
冬の自然の厳しさを表現したかったのでストロボを発光させて、ぶれた雪を流しながら写し込んでみました。絞りを開けて写し止めれば丸く優しくかわいらしく写る雪も、絞りを絞って少しスローシャッターにすると「吹きすさぶ雪」の印象となります。

「ふんわり丸い雪」にする撮り方ポイント

降っている雪を写真で表現するには、ストロボを使うのがおすすめです。雪にストロボの光が当たることで、そこだけ白っぽく、止まった状態で画面に写し込むことができます。
「ふんわり丸い雪」を写したい場合には、絞りを開放気味にし、なるべく遠くの被写体にピントを合わせてストロボを使います。つまり、雪が前ボケになる状態をつくるのです。
明るい場所ではストロボを普通に使うと、絞りが絞られてしまい「ふんわり丸い雪」になりません。そんなときはハイスピードシンクロのできるストロボを使うか、NDフィルターで光量を落とすといいでしょう。

写真2:ズーミングして前ボケ越しに遠方をのぞくイメージ

新雪のきらめきで光り輝かせて

新雪のきらめきで光り輝かせて

EOS 5D Mark III・EF100mm F2.8L マクロ IS USM・絞り優先AE(F5.6・1/2000秒)・+1補正・ISO400・ホワイトバランス:太陽光・ピクチャースタイル:風景・ストロボ使用

降りたての雪は、雪の結晶が折り重なり、太陽の光でキラキラと光ります。その雪のきらめきを撮りたくて、マクロレンズで寄り気味に構図をつくってみました。もっと迫って、あるいはもっと絞りを開けて前と後ろの玉ボケを大きくしてもいいのですが、この時は見た目に近い仕上がりにするために、ほどほどの寄りに抑えています。時折見える虹色がきれいでした。

ポイントまとめ

  • 淡い色のグラデーションで一面に広がる雪原を表現
  • ストロボを使って降りしきる雪の表情を演出
  • 降りたての新雪のきらめきをマクロレンズで表現

今回の前半は、ごく少ないミニマルな(最小限に抑えた)要素で雪原をとらえる雪景色にしてみました。天候による光の状態、ホワイトバランス、ピクチャースタイル、明るさの組み合わせによって、白いはずの雪はさまざまな色彩を見せてくれます。
ストロボで雪を写し止めるには降雪量が多いときがよく、大自然だけでなく都会の風景との組み合わせも魅力的です。ぜひお試しください。

この記事は気に入りましたか?

ありがとうございました。

バックナンバーはこちら