写真・プロの一手 第3回 - 突然、トンネルから飛び出すSL。 かっこよく撮る絶妙設定とは?

写真・プロの一手 渾身の一枚から学ぶ「プロの一手」! 講師

村上悠太

1987年、鉄道発祥の地、東京・新橋生まれ。高校時代に北海道上川郡東川町で毎夏開催されている「写真甲子園」に出場。日本大学芸術学部写真学科を卒業後、鉄道写真家を志し有限会社レイルマンフォトオフィスに入社。'17年よりフリーランスとなり鉄道誌、旅行誌、カメラ誌を中心に活躍。「人と鉄道、そして生活」をテーマに写真だけなくEOS MOVIEで動画作品も発表。EOS学園東京校講師。

突然、トンネルから飛び出すSL。
かっこよく撮る絶妙設定とは?

突然、トンネルから飛び出すSL。かっこよく撮る絶妙設定とは?

EOS 6D Mark II・EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM・マニュアル(F7.1・1/800秒)・ISO400・ホワイトバランス:太陽光・ピクチャースタイル:スタンダード

デザイン性の高い観光列車で大人気のJR九州。今回の作品は、JR九州・肥薩線で活躍している「SL人吉号」をご紹介します。黒煙を上げながら力強く走るSLは、誰もが一度はねらってみたい被写体の一つではないでしょうか。ただSLは、鉄道写真の中でも少しコツが必要な被写体です。さらに今回は、トンネルから飛び出してくる瞬間をとらえるダイナミックなシチュエーション。さて、ここで問題です!この状況下でSLをよりかっこよく、より確実に撮影する「絶妙設定」とは、どちらでしょうか?

  • ●背景の露出から1段上げる
  • ●背景の露出から1段下げる

プロの一手、その答えは・・・

Answer背景の露出から1段上げる
調整がプロの一手!

SLの出現を待ち構える場合、
背景より「約1段上げる」露出決定を!
SLの黒いボディを撮るときの露出決定が今回のテーマです。SLそのものにカメラを向けて露出を測るときは、「露出オーバー」を避けるため1段ほど下げる露出が基本です(プログラムオート、シャッター速度優先AE、絞り優先AEの場合は「マイナス補正」)。
しかし、今回はトンネルからSLが飛び出してくる瞬間を撮りたいので、事前にSLのボディで露出を測って準備できません。加えて、ヘッドライトや光の反射など目まぐるしく露出が変わる状況下での撮影となるので、不安要素を取り除くためにも私の場合、マニュアルモードを選択します。主人公が不在なのでトンネルのレンガ部分で露出を測りますが、そのままではSLは「露出アンダー」になってしまいます。
SLを最適な露出で撮るには、背景(この写真ならレンガ部分)の露出から「プラス2/3~1段」ぐらい明るめの露出に設定するのがプロの一手。背景が少し露出オーバーになるので不安になるかもしれませんが、実際にSLが来ると画面のほとんどが黒い部分に覆われるので大丈夫!なにより写真の主人公はSLなので、SL優先の露出ワークを基本に考えます。
カメラバッグ
公式オンラインショップ限定カラー!

デザイン、機動性、収納力にこだわって開発したキヤノンオリジナルカメラバッグ。機材を持って移動することが多い鉄道撮影をサポートします。キヤノンオンラインショップ限定カラーも大好評!

SL写真の迫力は「煙」が命。
予測不能な煙の動きはAIサーボAFで連写!

皆さんが思い描くSLのイメージは、もくもくと黒煙を上げて力走する姿ではないでしょうか。でも、じつはこの煙、写真で表現するには非常にデリケート。風向きやSLの状態などによって煙の量や形が変わり、それに伴って構図を変える必要があります。
今回のようにトンネルから飛び出してくる条件では、いきなりSLが登場するので煙の状況を予測することは不可能。そこで、カメラのAFモードを「AIサーボAF」に設定し、トンネルから飛び出してくるSLにピントを合わせ続けながら連写します。そして撮影後に、トンネルから立ち上る「煙の形優先」でベストショットを選ぶのがおすすめです!

EOS 6D Mark II

今回の作品で村上先生がチョイスした「EOS 6D Mark II」は、バリアングル液晶モニターを備え、センサーサイズはフルサイズ。最高約6.5コマ/秒の高速連写で、SL撮影を存分に楽しめます。

コラム
SLの写真は、煙の形が作品の印象を決定づける最重要要素です。駅の発車や急勾配など、大きな力が必要なところで煙がたくさん出ます。撮影地選びの基準も、いい煙が見られるかどうかで決まります。
今回の作品とは違い、やや引いた構図で接近してくるSLを撮る場合でも、煙の形に合わせてズームを変えながら構図を調整するなど臨機応変に、煙のバランスをよく見てフレーミングします。ピント合わせは「AIサーボAF」でカメラ任せにして、刻一刻と変わるSLの煙に集中して傑作をねらってみましょう。