Close

レッスン10

Exifを読み解いて写真上達|フォトテク・レッスン

テクニックを総復習!バックナンバーはこちら

デジタルフォトに記録されている「Exif情報」には、思いどおりに写真を撮るためのヒントが隠されています。
Exif情報を読み解けるようになるのが、写真上達への近道!
この企画では、Exif情報※の一部を空欄にした“パズル”を題材に、フォトテク・ティーチャーの出水惠利子先生が優れた作品の背後にあるExif情報の秘密を解き明かしていきます。

フォトテク・ティーチャー 出水惠利子先生|1971年、東京都生まれ。東京写真専門学校(現・東京ビジュアルアーツ)卒業。広告を中心にフリーランスで活動中。海やテトラポッドの作品をライフワークとしている。EOS学園講師としても活躍中。

※Exif情報とは…デジタルカメラで撮影した画像に含まれている情報のこと。撮影日時、カメラやレンズの機種、ISO感度、
絞り値、シャッター速度、ホワイトバランスなどの各種設定が記録されています。

2015.3/13 更新

Let's TRY!Exifパズル フォトテクの秘密を解き明かす「パズル」にチャレンジ!

Q
雨の日のさくらとポピーをふんわり表現する絞り値は?春になると、色とりどりの花たちが目を楽しませてくれますね。すべてにピントを合わせて風景写真として成立させるのもコツですが、どちらかを主題にしてふんわり画作りをするには、「絞り」をどのように設定するとよいでしょうか。次の4つの選択肢の中から当てはまる答えを探してください。
  1. F16
  2. F5.6
  3. F2.8
  4. F1.8

画像サイズ(ピクセル)
5616×3744
ファイルサイズ
25.6MB
撮影日時
2013/04/14 13:18
カメラ機種
Canon EOS 5D Mark III
Tv(シャッター速度)
1/2000
Av(絞り数値)
?
露出補正
0
レンズ
EF70-200mm F2.8L IS II USM
焦点距離
195.0mm
ストロボ
非発光
ホワイトバランス
オート
ISO感度
640

Exif情報から読み取る!問題を解くカギ
Exif情報によると、レンズは望遠ズームEF70-200mm F2.8L IS II USMです。
ISO感度は640、シャッター速度は1/2000ですが……さて、絞り値は?

これがヒント!

多くのラインアップを誇るキヤノンのEFレンズシリーズ。70-200mの望遠域をカバーする望遠ズームレンズの代表格として、EF70-200mm F4L IS USMとEF70-200mm F2.8L IS II USMがあります。
EF70-200mm F4L IS USMは、小型・軽量の望遠ズームレンズで、開放F値はF4ですが、シャッター速度4段分のIS(手ブレ補正機構)を搭載しています。
EF70-200mm F2.8L IS II USMは、開放F値がF2.8の大口径が魅力のレンズで、今回の作品で使用したのはこちらです。前景を大きくボカした表現は、このレンズならではのアジでしょう。

パズルの答え合わせ

選択肢1の「F16」は、絞りを絞り込んで、画面全体にピントを合わせたいときには有効ですね。でも、この作品は、手前のボケが特徴ですから、違うようです。
選択肢2「F5.6」は、今回の作品で表現したかった「ふんわり」とさせる表現をするには、やや深い被写界深度となってしまいます。
では、選択肢4「F1.8」はどうでしょう? Exif情報を見てみると、撮影したレンズの開放値より明るい絞りです。これは自動的に捨てるべき選択肢。ということは……?

A
「F2.8」選択肢3の「F2.8」が正解です。
広がりのある風景の撮影では、絞りを絞って撮影します。被写体やレンズ、表現したい意図によりますが、絞り値をF8以上にすると、全体にピントが合った写真になります。逆に絞り値をF2.8やF4などレンズの開放F値で撮影すると、手前や奥がきれいに大きくボケた、ふんわりした雰囲気の写真になります。
一般的に、コントラストが強めのシャープな写真が撮りたいときは絞りを絞り込み、全体をふんわりとした雰囲気で撮りたい時は絞りを開きます。
また、今回は画面奥のさくらと、手前のポピーの間にかなりの距離がありました。離れている被写体を画面の中で一緒に入れ込むには、望遠ズームレンズを活用します。望遠レンズの描写の特徴には、遠くの被写体をクローズアップして距離感を縮める「圧縮効果」があります。これにより、さくらとポピーの両方を画面に収めることができました。
前景のポピーを大きくボカした表現は、開放F値の小さな望遠レンズEF70-200mm F2.8L IS II USMの絞り「F2.8」ならでは。ふんわりした空気感を表現するには、開放値の明るい望遠レンズが最適です。
「ふんわり感」を表現するには、大口径の望遠レンズが最適!

過去のレッスンをおさらい!バックナンバーはこちら