ドラマチック!「鉄道風景写真」入門 第1回

ドラマチック!「鉄道風景写真」入門

  • 第1回〈月1回・全3回更新〉
  • 講師:山﨑友也(鉄道写真家・EOS学園講師)
次のページヘ>
鉄道写真家・EOS学園講師 山﨑友也先生

皆さん、こんにちは。鉄道写真家の山﨑友也です。これからこのページで鉄道写真の撮り方をレクチャーさせていただくことになりました。
鉄道写真というものは、車両をありのままに撮る「形式写真」や、走行中の列車を撮る「編成写真」など、さまざまなジャンルに分かれています。ここでは鉄道に詳しくなくても楽しめる、もっともポピュラーで人気の高い「鉄道風景写真」についてお話していきます。絶景の中に列車が加わることで、写真がドラマチックになりますよ。

作品募集!
山﨑先生に作品を見てもらうチャンス!皆さまのご応募作品から数点を選び
講評をいただきます。詳しくは、この記事ラストのご応募案内をチェック!
  1. 鉄道風景写真をうまく撮る手順

  2. 鉄道風景写真の「構図」とは

  3. 鉄道写真をもっと楽しもう

※ 内容は予告なく変更される場合がございます。

第2回・第3回を読むには会員登録(無料)が必要です。

車両の知識は必要ナシ。風景写真家さんも、いらっしゃい!

鉄道風景写真の「主役」はあくまで風景です。列車は「脇役」にすぎません。風景写真を撮ることに少しでも興味があるなら、どなたにでも撮ることができる楽しいジャンル──それが「鉄道風景写真」なのです。鉄道に興味がなくても、車両の知識がなくても大丈夫です。人の心を動かすドラマチックな写真を目指しているのでしたら、鉄道風景写真の世界にぜひお誘いしたいです。これからボクと一緒に、基礎から鉄道風景写真を学んでいきませんか?

只見線会津桧原~会津西方

MAP

撮影データ:EOS-1D Mark Ⅳ・EF70-200mm F2.8L IS USM・Mモード(1/400秒・F5)・ISO200・WB太陽光
撮影地情報:只見線会津桧原~会津西方

「鉄道風景」この一枚への思い

「鉄道風景写真」には技術とセンスが必要ですが、それ以上に大切なのが「運」。運を天にまかせるしかなく、もっとも成否を左右するのが「天候」です。 鏡のように静かな水面に、若葉がまばゆいくらい輝いているこちらの作品。通常の風景写真であれば、晴れて風のない状態を待ってシャッターを押せばよいでしょう。しかし、鉄道風景写真の場合は、列車が来たときにこの状態である必要があります。運行本数が少ないローカル線では、風景と列車が完璧なタイミングでシンクロする確率はきわめて低いです。撮影現場では祈るような気持ちで奇蹟を待ちます。その緊張感たるや半端ではありません。 見れば「きれいな写真」と思ってもらえる一枚ですが、そのために何日も粘るなど、見えない苦労がたくさん隠されているのです。それだけに、完璧な条件で撮れたときの喜びもまたひとしお。だから「鉄道風景写真」はやめられないのです。

では、第1回はまず、鉄道風景写真を撮る
基本中の基本テクニックをご紹介しましょう。

次ページ 鉄道風景写真をうまく撮る手順

次のページヘ>

写真家の先生に撮り方を習ってみませんか?

鉄道写真家・EOS学園講師 山﨑友也先生

初めてEOSを購入した初心者の方から、さらにレベルアップを目指している方まで、写真を学びたい多くの方々にご満足いただける写真教室です。丁寧でわかりやすい講義と、実践的で楽しい撮影実習の両面から写真の上達を目指します。

講座の詳細・お申し込みはこちら

キヤノン発行の写真誌を購読しよう!

キヤノンフォトサークル会報誌

キヤノンが発行する写真誌 (右写真)を毎月お届けする「キヤノンフォトサークル」。カメラや写真の知識・テクニックを学べる記事、著名写真家の作品、新製品やキャンペーン情報などを掲載。カメラやレンズのモニター貸し出しや、鉄道を撮りたい仲間がリアルに集って撮影を楽しみ学べる「部活」などのイベントも充実!カメラ修理時の割引もございます。

詳しくはこちら

販売中:鉄道写真特集2015年9月号

販売中:鉄道写真特集2016年2月号

その他にも、さまざまなコンテンツが満載

CANON iMAGE GATEWAY ホーム画面へ