夢幻花火

花火写真の世界 & 実践的「撮り方テクニック」大公開!「夢幻花火」

作品ギャラリー編

写真家 工藤智道(EOS学園講師)

工藤 智道

1969年、横浜生まれ。日本写真芸術専門学校卒。卒業後、風景写真家の竹内敏信氏に師事。
4年間のアシスタントを経て独立。日本の自然風景、都市風景を撮り、夜景や花火の撮影もこなす。写真専門誌で撮影、執筆も数多くパソコン誌、デジタルカメラ専門誌でも活躍。日本写真家協会会員。

次のページヘ>
写真家 工藤智道(EOS学園講師)

工藤智道先生

夜空に打ち上がる花火を見れば、「写真に撮りたい!」ですよね。スマホでも撮れますが、せっかくですから「作品」として胸を張れる写真を撮ってみませんか? このページでは、花火の風景写真ギャラリー、花火撮影の機材・設定、花火大会での撮影を前提にした「花火写真の撮り方テクニック」を大公開。最後まで必読の内容でお届けします。この夏、あなたの花火写真が格段に進化するはず!

風景写真家・工藤智道先生による花火写真の世界。「夢幻花火」をお楽しみください。

  • 花火写真 高く打ち上がる花火と低い位置で開く花火

    EOS 5D Mark III・EF24-70mm F4L IS USM・B(バルブ)・F22・8.1秒・ISO100

    花火の撮影はバランスよく打ち上がる花火を露光していくのが難しい。撮影してみないと結果はわからない。 高く打ち上がる花火と低い位置で開く花火が、バランスよく写るように考えてねらった。

  • 花火写真 撮影小道具の「うちわ」を活用して撮影

    EOS 5D Mark III・EF24-70mm F4L IS USM・B(バルブ)・F22 ・6.7秒・ISO100

    最近の花火は、昔の花火に比べて明るくカラフルだ。色の鮮やかさと華やかさが写るように、花火の様子を見ながら撮影小道具の「うちわ」を活用して撮影した。うまくフレームの中に収めることができた。

  • 花火写真 華やかな色とりどりの花火

    EOS 5D Mark III・EF70-200mm F2.8L IS II USM・B(バルブ)・F22・3.2秒・ISO100

    花火撮影では縦位置で撮ることも多い。高く打ち上がる花火は縦位置のほうがしっくりとくる。カラフルな花火がタイミングよく打ち上がった。華やかに色とりどりの花火を写し込むことができた。

  • 花火写真 小さな色とりどりの花火がパラパラと開く

    EOS 60D・EF24-105mm F4L IS USM・B(バルブ)・F22・9秒・ISO100

    小さな色とりどりの花火がパラパラと開く。この種の花火は、花火大会の中でもあまり数多く打ち上がらない。タイミングを逃してしまうことも多いが、アップでねらうとひと味違う花火写真になる。

  • 花火写真 「ピントずらし」を使い撮影

    EOS 5D Mark III・EF24-105mm F4L IS USM・B(バルブ)・F9・1.8秒・ISO100

    花火撮影のテクニックのひとつである「ピントずらし」。ズームレンズを使い、花火をできるだけ真ん中にフレーミング。花火が開くタイミングで素早くピントリングを回す。難易度の高い撮影だが、きれいにフレーミングできた。

  • 花火写真 ぼかした状態から無限遠方向へピントリングを回して撮影

    EOS 60D・EF24-105mm F4L IS USM・Mモード・F16・4秒・ISO100

    通常はピントが合っている状態から、ピントリングを回してぼかして撮る「ピントずらし」だが、この写真は逆に、ぼかした状態から無限遠方向へピントリングを回して撮影した。ぼけた状態から露光していくのは、フレーミングやタイミングが難しいが、成功するとこのような作品になる。

  • 花火写真 冬の花火をMモードで撮影

    EOS 60D・EF24-105mm F4L IS USM・Mモード・F9・4秒・ISO100

    地上の建物などと一緒に花火を撮影するとき、ライトアップされている建物以外は、ほとんどシルエットになってしまう。この写真は冬の花火。夏の花火とは少しだけ空気感や雰囲気が違う。建物との露出のバランスをとるためにMモードで撮影した。

  • 花火写真 絞りを絞り込んで明るくなり過ぎないように撮影

    EOS 5D Mark III・EF70-200mm F2.8L IS II USM・B(バルブ)・F22・2.1秒・ISO100

    花火大会の多くは、終盤に大きな尺玉やスターマインを打ち上げる。この写真もクライマックスの花火。明るい花火が多いため、絞りを絞り込んで明るくなり過ぎないように撮影した一枚。写真なら見た目の迫力だけではなく、幻想的なイメージを表現することも可能だ。

次ページ 花火撮影の機材とテクニック

howtoshoot?

花火の撮影に「うちわ」を活用って、なぜ?

こんな花火の写真を撮影してみたいと思いませんか?じつは夏の身近なアイテム「うちわ」をうまく活用することで撮影できるんです。「撮影方法編」でじっくり解説していますので、さっそくチェックしてみてくださいね。

撮影テクニック編

  • Ⅰ.花火撮影の機材・設定
    POINT1.花火大会の下調べと撮影機材・道具の準備
    POINT2.カメラ設定は事前にチェック!
    POINT3.ピント合わせは「MF」「置きピン」 が基本!
  • Ⅱ.花火の撮り方テクニック
    POINT1.うちわを使ってタイミングよく撮ろう
    POINT2.撮影ポジションは「風上」が鉄則
    POINT3.夜空に花火を重ねて描くように撮ろう
続きはこちら
次のページヘ>