「星空写真」の撮り方入門

星空写真の撮り方

  • 講師:中西昭雄(写真家)
  • 第1回〈月1回・全3回更新〉
写真家・中西昭雄先生

中西 昭雄

1964年、東京都生まれ。小学生時代から星に興味を持つ。大学時代にコマーシャルフォトグラファーのアシスタントを勤め、10年間の一般企業勤務を経て天体写真家として独立。天文写真家のみならず微弱光撮影装置のエンジニアとしても活躍中。キヤノンのホームページのコンテンツ「中西昭雄の星空撮影講座」のほか、「デジタルカメラ星景写真撮影術」(アストロアーツ)、「夏の星空案内(よむプラネタリウム)」(共著、アリス館)など著書多数。

写真家・中西昭雄先生

皆さん、こんにちは! 天体写真家の中西昭雄です。都会を離れた場所で、あるいはよく晴れた夜には、都会でも思いがけずきれいな星空が見えることがあります。星の光はとても繊細なので、写真に撮ろうとしてもなかなか思うように写ってくれません。フィルムカメラの時代とは違い、撮ったあとに画像が確認できるデジタルカメラを使えば、ちょっとしたコツを覚えるだけで、気軽に「星空写真」の撮影を楽しめるようになりました。ぜひ、星の写真を始めてみませんか?

  1. 第1回

    月から始める星空写真

  2. 第2回

    星空写真の世界へようこそ

  3. 第3回

    星空写真の世界を広げよう

  4. ※ 内容は予告なく変更される場合がございます。

もっとも身近な星『月』を撮ってみよう

「星空写真」の撮影テクニック講座の第1回目のテーマは、星空写真の入門編として、私たちにとって身近な天体「月」の撮影にチャレンジしましょう。月はもっとも地球に近い星で、明るくて撮りやすく、そして毎日表情が変わる魅力的な被写体です。月の写真をきちんと撮れるようになることが、星空写真の第一歩となります。さあ、始めましょう。

「星空写真」この一枚への思い

バガン遺跡群に昇る満月

撮影データ:EOS 5D Mark II EF70-300mmF4-5.6L IS USM F5.6 ISO100 1/20

撮影地:ミャンマー・バガン

「バガン遺跡群に昇る満月」
カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥールと並んで世界3大仏教遺跡に数えられるミャンマーのバガン遺跡群。それは、まだ世界遺産に登録されていないのが不思議なくらいの見事な古代遺跡群です。バガンにはいくつかの仏塔に登ることができ、そこから眺める夕日は見事なものです。もしその日が満月なら、反対側を振り向いてみてください。大きな満月が東の地平線から現れていることでしょう。

次ページからは、月をきれいに撮る
撮影テクニックを紹介しましょう!

次ページ 月を撮るために必要な機材をそろえよう

<前のページヘ 次のページヘ>

写真家の先生に撮り方を習ってみませんか?

写真家・中西昭雄先生

初めてEOSを購入した初心者の方から、さらにレベルアップを目指している方まで、写真を学びたい多くの方々にご満足いただける写真教室です。丁寧でわかりやすい講義と、実践的で楽しい撮影実習の両面から写真の上達を目指します。

講座の詳細・お申し込みはこちら

キヤノン発行の「写真誌」いかがですか?

キヤノンフォトサークル会報誌

「キヤノンフォトサークル」は約100ページのフルカラー月刊誌。
新製品の技術レポートや著名写真家の作品紹介、フォトテクニックを学べる記事など、写真がもっと好きになる情報が満載です。

詳しくはこちら

その他にも、さまざまなコンテンツが満載

CANON iMAGE GATEWAY ホーム画面へ