フォトテクレッスン 風景写真の撮り方・仕上げ方「名峰・富士を眺める」仕上げ方編

フォトテク・レッスン 風景写真の撮り方・仕上げ方 「名峰・富士を眺める」 仕上げ方編
閉じる
写真家 種清 豊先生(EOS学園講師)

撮影・講師:種清 豊

1982年、大阪府生まれ。京都産業大学外国語学部ドイツ語学科卒業後、写真家・竹内敏信氏のアシスタントを経て独立。主に日本各地に残る明治、大正、昭和初期のクラシックな素材を求めて撮影中。また、人物撮影や、デジタルカメラ専門誌、カメラ専門誌での執筆活動も行っている。

撮り方編

仕上げ方編

きれいなプリントを目指す仕上げ方レッスン

せっかく撮影した作品をパソコンやタブレットなどのモニタに表示するだけで楽しむのは、ちょっともったいなくありませんか?自信の一枚が撮れたら、大きくプリントして飾ってみましょう。
プリント作品は、カメラの液晶やディスプレイで見えたものとは別ものです。きれいなプリントを仕上げる作業も含めて、写真は「作品」として完成します。ちょっとしたポイントを覚えるだけで、手軽にキレイなプリントを得られるRAW現像ソフト「Digital Photo Professional 4(DPP4)」を使いながら、解説しましょう。
今回は、「明るさ」「ホワイトバランス(WB)」「シャドウ調整」を操作して、前回の「撮り方編」で撮影した作品を仕上げていきます。

朱に染まる山肌〜富士山スカイライン

3つのステップで写真を仕上げよう!

明るさ調整

ホワイトバランス

シャドウ

STEP1プリントを前提に「明るさ調整」

撮影時にしっかりと露出を追い込んで撮影しておくことが前提ですが、プリント仕上げを考慮すると「明るさ調整」は大切です。
しっとりとした絹目用紙で仕上げる場合、少し色調が落ち込んだ雰囲気になるため、明るさ補正を「+0.33」行いました。富士山の山肌がグラーデーションのように、徐々に明るくなっていく光のイメージです。

明るさ調整

STEP2「ホワイトバランス」でブルーの深みを演出

写真の色に変化をつけるのであれば「ホワイトバランス」の調整がオススメです。「オート(AWB)」や「太陽光」などのプリセットWBも優秀ですが、マニュアルWBであれば細かく色温度を変更でき、見た目の印象に近づけたり、自分好みの色にすることができます。まずは大まかに色温度を100K(ケルビン)単位で変えてみるといいでしょう。
今回はWB「太陽光」で撮影したものに対し、明け方のやや青い雰囲気を演出するため「5000K」に設定しました。

ホワイトバランス

STEP3「シャドウ」で暗部を引き締める

ハイライトを含めコントラストに関する項目ですので、「シャドウ」の極端な補正は禁物です。風景写真の場合、通常の処理であれば最大でも「±2」まででとどめておくといいでしょう。
この写真の場合、雪の乗っていない岩肌の暗い部分を下げて、黒のしまりを出し、画面にメリハリをつけるためにシャドウを「−1」下げてみました。

シャドウ

※画像は、キヤノンのRAW現像ソフト「Digital Photo Professional4(DPP 4)」の操作画面です。
→「DPP 4」の詳しい説明とダウンロード(無料)はこちらから。

※お持ちの機種が「DPP 3」対象の場合は、同梱されているCD(EOS Solution Disk)からインストールしてください。製品付属CDがご利用になれない方は下記よりダウンロードいただけます。必要なソフトウェアを選択してインストールしてください。
→「DPP 3」Windows版
→「DPP 3」Mac OS版

種清先生おすすめアイテム

〈風景写真〉 プリント用品の選び方

写真をプリントで仕上げるときのお気に入りは、しっとりした色と風合いの絹目調の用紙です。プリンターはPIXUS PRO-10Sとの組み合わせ。顔料インク、染料インクへのこだわりはありませんが、写真の内容によって用紙を変更してみるだけでも、作品性は高まるのではないでしょうか。

NEWCANON iMAGE GATEWAYの「ホーム」画面が新しくなりました!

コンテンツを探しやすくなっています。ぜひ一度ご覧ください!