DPPでカンタン写真編集 《第11回》「シャープネス」で細部の鮮鋭さを調整しましょう

本コンテンツは「キヤノンフォトサークル」との
特別タイアップ記事です。

DPPでカンタン写真編集《第11回》「シャープネス」で細部の鮮鋭さを調整しましょう

GOTO AKI

GOTO AKI

EOS学園講師

close

GOTO AKIプロフィール

1972年、神奈川県生まれ。上智大学、東京綜合写真専門学校卒業。1993年、世界一周の旅へ。現在、日本の風景をモチーフに地球的な時間の流れをテーマとした作品に取り組んでいる。写真展に『terra』(キヤノンギャラリーS)ほか、写真集に『LAND ESCAPES』、『LAND ESCAPES-FACE-』、『terra』がある。2015年版キヤノンカレンダー写真作家。EOS学園東京校講師。

EOS学園 講師プロフィールへ
キヤノンフォトサークル
2020年2月号より

被写体の輪郭線の強さや、線の細かさを調整することができる機能が「シャープネス」です。この機能を使い、シャープさを思い通りに調整して写真を仕上げてみましょう。

「シャープネス」の使い方

より詳細に調整したいときは
「アンシャープマスク」を
使用しましょう

「シャープネス」を使います

「シャープネス」を使います

「シャープネス」の「プルダウンメニュー」から「シャープネス」または「アンシャープマスク」を選択します。

「シャープネス」で調整する場合

「シャープネス」で調整する場合

数値を大きくするとシャープさが強くなります。強くしすぎると不自然になるので注意しましょう。

「アンシャープマスク」で調整する場合

「アンシャープマスク」で調整する場合

[強さ]

強さ

画像の輪郭線を強調する度合いを調整します。強くしすぎると不自然な仕上がりになるので注意しましょう。

[細かさ]

細かさ

どのくらい細かくシャープネスを効かせるかを調整します。数値が大きいほど輪郭線(エッジ)が太めに強調されます。

[しきい値]

しきい値

しきい値とは、どの程度の輪郭線を強調するかを決める値のことです。数値が小さいと、周囲とのコントラスト差があまりない輪郭線も強調され、画面全体にシャープネスがかかります。一方、数値を大きくすると、コントラスト差が強い輪郭線のみが強調されます。

「シャープネス」調整のコツ

細部をより繊細に仕上げたいときは
「強さ」を高く、
「細かさ」「しきい値」を低くする
調整がおすすめです

「シャープネス」調整のコツ

調整前のアシは少しシャープさが足りないと感じたので、「アンシャープマスク」で調整してアシのきめ細かな線を、より繊細に仕上げました。

1. 選択したピクチャースタイルの
「アンシャープマスク」の数値を確認します

1. 選択したピクチャースタイルの「アンシャープマスク」の数値を確認します

ピクチャースタイル「スタンダード」の「アンシャープマスク」は、「強さ:3.0」「細かさ:4.0」「しきい値:4.0」の設定で、やや輪郭線が太めの仕上がりになります。

2. 求める細部描写に
応じて各スライダーを
調整します

2. 求める細部描写に応じて各スライダーを調整します

「強さ:5.0」「細かさ:1.0」「しきい値:1.0」に調整。「細かさ」の低い設定がポイントで、輪郭線が細く、より繊細な印象になります。

3. 色彩や
コントラストなどを
整えて仕上げます

3. 色彩やコントラストなどを整えて仕上げます

ここでは「色の濃さ」を「+1.0」に調整して、枯れたアシのブラウンの色彩を少し強調して仕上げました。

好みのピクチャースタイルを
基準に数値を
変更しましょう

「強さ」「細かさ」「しきい値」の
3項目で輪郭を調整

「シャープネス」は、被写体の輪郭線をくっきり見せる調整機能で、「アンシャープマスク」では「シャープネス」よりも細かい調整が可能です。今回は「アンシャープマスク」を中心に解説します。

作業するときは、写真の表示倍率を100%にして、画面を「前後比較表示」の状態にすること。調整前と比較しながら調整ができるので、変化が分かりやすく、調整もスムーズにいきます(※)

「アンシャープマスク」は、色と色の境目(輪郭線)にコントラストを付けて、画像をシャープに見せる設定です。「細かさ」は、シャープネスのエッジの太さを調整。数値が小さいほどエッジが細くなり、数値が大きいとエッジが太くなります。また、「しきい値」はピクセル周囲の色と色がどれくらい違うかによってエッジを付ける範囲を決める項目です。

選択した「ピクチャースタイル」によって、「アンシャープマスク」の「強さ」「細かさ」「しきい値」の初期数値が決まっています。まずは自分がよく使う「ピクチャースタイル」を基準にして、各数値を変更しましょう。そして、効果の違いを確認し、好みのシャープさを追求してください。

  • ※ 画像の「倍率」の変更や、「前後比較表示」の仕方についてはDPPの使用説明書をご覧ください。

「キヤノンフォトサークル」誌を定期購読しませんか?

「キヤノンフォトサークル」は約100ページのフルカラー月刊誌。
新製品の技術レポートや著名写真家の作品紹介、フォトテクニックを学べる記事など、写真がもっと好きになる情報が満載です。

キヤノンフォトサークル」誌 最新号の試し読みはこちら
(表紙の左上をクリック!)

定期購読だけでなく、さらにお得な特典も!

・カメラやレンズの「モニター貸し出し」
・鉄道,飛行機,ポートレートの撮影イベントへの参加
・カメラ修理費用、EOS学園受講の割引サービス

キヤノンフォトサークル公式Facebookページはこちら

Facebook限定プレゼントキャンペーンや会員作品のご紹介など、楽しい記事を投稿しています。こちらもぜひご覧ください!!