DPPでカンタン写真編集 《第5回》「コントラスト」で好みの硬さに仕上げよう

本コンテンツは「キヤノンフォトサークル」との
特別タイアップ記事です。

DPPでカンタン写真編集《第5回》「コントラスト」で
好みの硬さに仕上げよう

GOTO AKI

GOTO AKI

EOS学園講師

close

GOTO AKIプロフィール

1972年、神奈川県生まれ。上智大学、東京綜合写真専門学校卒業。1993年、世界一周の旅へ。現在、日本の風景をモチーフに地球的な時間の流れをテーマとした作品に取り組んでいる。写真展に『terra』(キヤノンギャラリーS)ほか、写真集に『LAND ESCAPES』、『LAND ESCAPES-FACE-』、『terra』がある。2015年版キヤノンカレンダー写真作家。EOS学園東京校講師。

EOS学園 講師プロフィールへ
キヤノンフォトサークル
2019年8月号より

RAWで撮影した写真を理想の仕上がりに編集することができるDPP(Digital Photo Professional)。
今回は「コントラスト」の調整についてご紹介します。写真のトーンを硬くしたり、軟らかくしたり、イメージに合わせて調整してみましょう。

「コントラスト」の使い方 「コントラスト」は明暗差を
強く(弱く)する機能と
写真の調子を硬く(柔らかく)調整できます

1 「基本的な画像調整」から「詳細設定」の「コントラスト」を使います

1 「基本的な画像調整」から「詳細設定」の「コントラスト」を使います

コントラストを上げすぎた例

コントラストを上げすぎた例

「コントラスト」の調整は、「基本的な画像調整」の中の「詳細設定」にあります。スライダーを右に動かすとコントラストが上がり写真が硬調になり、左に動かすとコントラストが弱くなり写真が軟調になります。

2 「コントラスト」を上げます

2 「コントラスト」を上げます

スライダーを右へ動かすと数値が高くなり、コントラストが強くなります。スライダーは「+4」まで調整可能です。コントラストを強くするときは、白とび・黒つぶれに注意しましょう。

3 「コントラスト」を下げます

3 「コントラスト」を下げます

スライダーを左へ動かすと数値が低くなり、コントラストが弱くなります。スライダーは「-4」まで調整可能です。コントラストを弱くしすぎると、階調にメリハリがなくなり、ねむい写真になります。

「コントラスト」調整のコツ 「明るさ調整」「ハイライト」と組み合わせて
メリハリ感のある作品に
仕上げます

の「明るさ調整」と「コントラスト」で全体を調整

この写真は、曇天でメリハリがないため、メリハリが出るように仕上げました。「基本調整ツールパレット」の「明るさ調整」と「コントラスト」で全体を調整し、「ハイライト」で微調整をします。

1 「明るさ」を-0.33に調整

1 「明るさ」を-0.33に調整

まずは「明るさ調整」をマイナス補正(-0.33)にスライダーを動かし、大まかに色彩を濃くして、黒を締めます。

2 「コントラスト」を+3に調整

2 「コントラスト」を+3に調整

その後、「コントラスト」を+3.0までスライダーを動かし、色彩と黒を締めて写真にメリハリを付けます。

3 「ハイライト」を-2に調整

3 「ハイライト」を-2に調整

明るい木の枝の部分が明るくなりすぎたので、「ハイライト」のスライダーを左に動かして、少し抑えます(-2.0)

今回押さえたいポイント 「ハイライト」「シャドウ」と
コンビで
使うのがコツです

メリハリ感が足りないときは
「コントラスト」をプラスに

せっかく撮影に出かけても天候や光の関係で、メリハリのない写真になる場合もあります。そんなときは、DPPの「コントラスト」を調整して、写真に強弱をつけ、生き生きとしたイメージに仕上げましょう。「基本調整ツールパレット」の中の「詳細設定」に、前回ご紹介した「ハイライト」「シャドウ」のほかに「コントラスト」という項目があります。スライダーを左右に動かすことでコントラストが強く(弱く)なり、写真は硬い(軟らかい)イメージになります。

まずは「明るさ調整」でおおよその明るさを決めてから、全体的な「コントラスト」の調整を行うことをおすすめします。

ここで注意することは、「コントラスト」の調整だけで終わらないようにすることです。「コントラスト」を上げると、写真の明るい部分が飛んでしまったり、暗い部分がつぶれてしまう可能性もあります。また、「コントラスト」を下げると、写真が軟調になるため、黒が浮いて締まりがなくなり、被写体の細部の描写が崩れやすくなります。そこで、先月号でお伝えした「ハイライト」「シャドウ」を同時に調整していくことで、より自然な仕上がりになります。

「キヤノンフォトサークル」誌を定期購読しませんか?

「キヤノンフォトサークル」は約100ページのフルカラー月刊誌。
新製品の技術レポートや著名写真家の作品紹介、フォトテクニックを学べる記事など、写真がもっと好きになる情報が満載です。

キヤノンフォトサークル」誌 最新号の試し読みはこちら
(表紙の左上をクリック!)

定期購読だけでなく、さらにお得な特典も!

・カメラやレンズの「モニター貸し出し」
・鉄道,飛行機,ポートレートの撮影イベントへの参加
・カメラ修理費用、EOS学園受講の割引サービス

キヤノンフォトサークル公式Facebookページはこちら

Facebook限定プレゼントキャンペーンや会員作品のご紹介など、楽しい記事を投稿しています。こちらもぜひご覧ください!!