DPPでカンタン写真編集 《第3回》「明るさ」の調整を行ってみましょう

本コンテンツは「キヤノンフォトサークル」との
特別タイアップ記事です。

DPPでカンタン写真編集《第3回》「明るさ」の調整を行ってみましょう

GOTO AKI

GOTO AKI

EOS学園講師

close

GOTO AKIプロフィール

1972年、神奈川県生まれ。上智大学、東京綜合写真専門学校卒業。1993年、世界一周の旅へ。現在、日本の風景をモチーフに地球的な時間の流れをテーマとした作品に取り組んでいる。写真展に『terra』(キヤノンギャラリーS)ほか、写真集に『LAND ESCAPES』、『LAND ESCAPES-FACE-』、『terra』がある。2015年版キヤノンカレンダー写真作家。EOS学園東京校講師。

EOS学園 講師プロフィールへ
キヤノンフォトサークル
2019年6月号より

写真編集ソフトウエア「DPP」を使用して写真をより美しく仕上げる方法をお伝えする本企画。今回からはいよいよ実際の調整作業に移ります。まずは露出補正のように写真の明暗を調整できる「明るさ調整」で、好みの明るさに仕上げてみたいと思います。

「明るさ」調整のしかた 「基本調整ツールパレット」の
「明るさ調整」を
操作してみよう

1 RAWで撮った写真を
「セレクト編集」で開きます

1 RAWで撮った写真を「セレクト編集」で開きます

最初に編集したい写真を選択して、ツールバーにある「セレクト編集」ボタンをクリックします。画面が「セレクト編集画面」に切り替わります。

2 「基本調整ツールパレット」を使います

2 「基本調整ツールパレット」を使います

「基本調整ツールパレット」では、さまざまな調整が行えます。9つあるタブのメニューの中から「基本的な画像調整」を選択し、「明るさ調整」のスライダーを左右に動かすと、明るさを調整することができます。

3 「明るさ調整」のスライダーを
動かします

3 「明るさ調整」のスライダーを動かします

スライダーを右に動かすと明るく、左に動かすと暗くなります。調整をやり直したいときは、リターンボタンで元に戻ります。

「明るさ」調整のコツ 「ヒストグラム」で適切な調整量を判断しよう

ヒストグラムの見方

左右に偏りのないヒストグラムが理想です

左右に偏りのないヒストグラムが理想です

ヒストグラムとは、画像の輝度(明暗の度合い)の分布を表した図です。グラフが左右に偏ることなく山型を描いている状態が理想的と言えます。この山が右側にくっつくと「白トビ」、左側にくっつくと「黒ツブレ」した状態です。撮影した時点で白トビ・黒ツブレしている部分は、調整してもトーンを引き出せないので注意しましょう。

「白トビ」「黒ツブレ」に注意して調整

明るさを過剰に調整すると
白トビ黒ツブレになります

明るさを過剰に調整すると白トビ黒ツブレになります

明るさを調整するときは、スライダーを動かすと同時にツールパレットの上のヒストグラムも確認しましょう。
明るくしすぎたり、暗くしすぎると、白トビ・黒ツブレの原因になってしまいます。
特に、白トビは明るい部分の階調が失われてしまうので注意しましょう。

今回押さえたいポイント 「明るさ」にかぎらず
過剰な調整は
不自然な仕上がりのもと、
と覚えてください

「白トビ」「黒ツブレ」に
注意して調整しましょう

いよいよ今回から具体的な画像調整に入りました。解説した画像の「明るさ調整」は、写真の印象を左右する重要なポイントです。これまで撮影した後に調整をしていなかった方も、手始めに自分のイメージ通りの明るさを再現することから挑戦してみましょう。

『「明るさ」調整のしかた』手順1では、データを一度に何点でも選択できるので、いくつかの画像を比較しながら編集することもできます。同じ画像の編集前と後を比べながら編集したいときは、セレクト編集画面でプレビュー制御パネルの「編集前後比較(編集前後比較アイコン)」をクリックすると、簡単に比較が可能です。うまく調整できなくてもリターンボタンですぐに編集前の状態に戻せます。

明るさを調整する際に、気を付けなければいけないのは「白トビ」と「黒ツブレ」です。調整を重ねるうちに適正な明るさが分からなくなることはよくあります。明るく(暗く)しすぎは白トビ(黒ツブレ)の原因なので、『「明るさ」調整のコツ』を参考に、ヒストグラムに注目しながら調整することをおすすめします。適度な明るさ調整で、イメージ通りかつ階調豊かな画像に仕上げましょう。

「キヤノンフォトサークル」誌を定期購読しませんか?

「キヤノンフォトサークル」は約100ページのフルカラー月刊誌。
新製品の技術レポートや著名写真家の作品紹介、フォトテクニックを学べる記事など、写真がもっと好きになる情報が満載です。

キヤノンフォトサークル」誌 最新号の試し読みはこちら
(表紙の左上をクリック!)

定期購読だけでなく、さらにお得な特典も!

・カメラやレンズの「モニター貸し出し」
・鉄道,飛行機,ポートレートの撮影イベントへの参加
・カメラ修理費用, EOS学園受講の割引サービス

キヤノンフォトサークル公式Facebookページはこちら

Facebook限定プレゼントキャンペーンや会員作品のご紹介など、楽しい記事を投稿しています。こちらもぜひご覧ください!!