コスモス、ヒガンバナ、中秋の名月! 9月に撮りたい写真ベスト8

著者

M.T

キヤノンイメージゲートウェイ事務局 編集部

9月になりました。朝晩、秋らしい空気を感じる日が増えてきたような気がします(お住まいの地域にもよりますね!)。さあ、今月はどんなものを撮影して楽しみましょう。9月に撮っておきたい「旬の被写体」をピックアップしました。この季節の撮影ネタになりそうな写真や、撮り方のヒントになる記事をご紹介します!

第1位 コスモス

  • これが撮りたい

この季節の主役「コスモス」の撮り方!

この季節の主役「コスモス」の撮り方!

秋を感じさせる代表的な花といえば「コスモス」。一面のコスモス畑に広がる淡いピンク色に、トキメキを感じます。このコスモスという被写体は、撮り方によっていろんな表現ができるようですよ。写真家・川合麻紀先生の記事を読んでセンスを磨きましょう。

ふんわりしたボケの作り方がわかる!

ふんわりしたボケの作り方がわかる!

花の手前後がふんわりぼけた写真っていいですよね。きれいなボケの作り方をレクチャーする記事はこちら。写真家・門井ゆりか先生が、初めての方にもわかるように解説してくださいました。

「ゆるふわ」コスモスの撮り方!

「ゆるふわ」コスモスの撮り方!

カメラ女子に人気の「ゆるふわ写真」。どのようなカメラ設定で撮ればいいか……こちらのページの3点目の写真と記事を参照してみてください。要するに、適正露出よりも◎◎◎にするっていうこと!

第2位 彼岸花

  • これが撮りたい

里山を彩るヒガンバナ。撮り方のキホン!

里山を彩るヒガンバナ。撮り方のキホン!

田んぼが広がる里山に出かけると、お地蔵さんの横で真っ赤な花を咲かせているヒガンバナに出会います。ヒガンバナの群生地に出かけるバスツアーもあるぐらい人気の被写体ですね。でも、レンズを向けてみると、どんなふうに撮ればいいのかすごく迷う被写体でもあります。撮り方のコツを頭に入れておきましょう!

ヒガンバナの撮り方〈応用編〉。

ヒガンバナの撮り方〈応用編〉。

基本の撮り方を学んだら、ヒガンバナの表現バリエーションを学びましょう。イメージを広げれば、ヒガンバナにもいろんな撮り方や表現方法があります。読むだけで楽しくなってくる記事はこちら。

会員の名作〈秋〉写真で人気のヒガンバナ。

会員の名作〈秋〉写真で人気のヒガンバナ。

「大きい『秋』みつけたフォトコンテスト」の入賞作品ご紹介ページです。やっぱりここでもヒガンバナは人気モチーフ。こんな撮り方もあるんだ! と、発見と驚きがあるはず。その他、秋の被写体もご覧いただけるページです。

第3位 中秋の名月(満月)

  • これが撮りたい

「中秋の名月」は24日。翌25日が満月!

「中秋の名月」は24日。翌25日が満月!

はい、今すぐスケジュールに入れておきましょう。今年は9月24日が中秋の名月、翌日の9月25日が満月です。名月と満月がずれる年があるのですね。満月だけ撮るのも楽しいのですが、満月に飛行機が重なっている写真ってすごくないですか? ポイントは望遠レンズと撮影ポジション。こちらのページにコツがまとまっていますよ。

どう違うの? 満月とスーパームーン。

どう違うの? 満月とスーパームーン。

星空写真のプロフェッショナルがレクチャーする「月の撮り方」。高倍率ズームのPowerShotでも、かなり本格的な月面写真が撮れるんです。「スーパームーン」や「月食」など天体イベント好きな方は見逃せない記事ですよ。

47都道府県の魅力を伝え合うフォトコン!

47都道府県の魅力を伝え合うフォトコン!

風景の魅力をマックスに引き上げてくれるのが満月ですよね。お気に入りの風景写真が撮れたら、こちらのフォトコン「日本の47都道府県の魅力新発見フォトコンテスト2018」に写真を送ってみませんか? すてきなお国自慢フォトをお待ちしています。昨年の発表ページ(三重県)はこちら! 

第4位 高山(紅葉)

  • これが撮りたい

立山、穂高。早くも紅葉シーズンがピーク!

立山、穂高。早くも紅葉シーズンがピーク!

標高2000メートルを超える高山では、9月下旬には紅葉が始まり、11月頃までがシーズンです。澄んだ空気、青い空を背景に色鮮やかな紅葉。どこを切りとっても「名作写真」が撮れそう! こちらのページは、日本の百名山をモチーフにしたポストカード・コレクション。

この秋の撮影に絶対参考になる50点!

この秋の撮影に絶対参考になる50点!

すてきな秋の写真を集めてみました。コスモス、ヒガンバナ、コキアなど。高山で撮影された紅葉写真もご紹介しています。やっぱり山はいいなあ!

第5位 ガーベラ

  • これが撮りたい

色とりどりに秋の庭を彩る「ガーベラ」!

色とりどりに秋の庭を彩る「ガーベラ」!

ガーベラは南アフリカ原産、キク科の多年草です。ガーデニングを楽しむ方にはおなじみですね。花期は春と秋。真っ直ぐに伸びた茎に一輪の花を付ける姿が美しく、赤、黄、ピンク、オレンジなど明るい色が写真に映えますよ。

気持ちを伝えるポストカード集。

「感謝&お祝い」を伝えるポストカード集。

会員の皆さまの傑作写真に、「感謝&お祝い」の言葉を添えたポストカードです。現在13種類をラインアップ。ダウンロードして送りましょう。フォトギャラリーとしても楽しめます!

人気のマクロレンズ、会員の傑作選!

人気のマクロレンズ、会員の傑作選!

ガーベラなど花の撮影を始めると欲しくなるのがマクロレンズです。なかでも一番人気はこの一本「EF100mm F2.8LマクロIS USM」。どんな写真が撮れるのか? こちらのページをご覧ください。

第6位 夕焼け

  • これが撮りたい

「夕焼け空」が赤くなる理由とは?

「夕焼け空」が赤くなる理由とは?

なぜ夕焼けの空は赤いのか。ご存じですか? 調べてみたら、大気中の「水蒸気量」の多さが要因の一つだそうです。太陽から届く赤色の光が水蒸気などに散乱する様子を私たちは見ているらしいのです。それにしてもこの季節の夕焼け空は、ドラマチックですね!

夕焼けの色を再現するカメラ設定。

夕焼けの色を再現するカメラ設定。

「夕焼けの空を撮ったのだけど、イメージした色と違うのはなぜ?」「一眼レフで撮ったのに、スマホのカメラのほうがきれいなのはなぜ?」というギモン、こちらで解決してみませんか。カギになるのは「ホワイトバランス」の設定です。

第7位 うろこ雲・ひこうき雲

  • これが撮りたい

「うろこ雲」で空の高さを表現してみよう。

「うろこ雲」で空の高さを表現してみよう。

「うろこ雲」と「ひつじ雲」の違いって、説明できますか? ムズカシイですよね(笑)。調べてみました。うろこ雲(いわし雲)は、上空高くに出る巻積雲の一種で、太陽が透けるため影が出ません。巻積雲よりも低い場所に出る厚さがあり底に影が現れるものが、ひつじ雲だそうです。

これは発見。〈飛行機雲の撮り方〉!

これは発見。〈飛行機雲の撮り方〉はこちら!

「飛行機雲」の撮り方。そんな記事が読めるのも、キヤノンイメージゲートウェイならではの魅力。航空写真家・チャーリィ古庄先生が解説する記事はこちら。虹色に輝く飛行機雲など、すごい!

広角レンズで撮りたい「うろこ雲」。

「うろこ雲」を広角レンズで撮りたい理由。

秋らしさを感じる雲といえば「うろこ雲」。空の高さ、広さを感じさせるスケール感の出し方が、撮影のコツのようですよ。写真家・山本学先生の解説記事はこちら!

第8位 ミソハギ

  • これが撮りたい

赤紫のミソハギの花。3つの撮り方を解説!

夏から秋にかけて、田んぼや小川など湿地でよく見かけるミソハギの花。さあ、どんなふうに撮りましょうか。まったく違うイメージで撮り分ける、3つのアプローチを紹介した撮り方記事をチェック!

9月に撮りたい被写体、あなたが撮ってみたいものは見つかりましたか? 朝晩はヒンヤリして過ごしやすい季節ですが、カゼなどお召しなりませんように。また来月お会いしましょう!