お手入れ定期便 Vol.2

お手入れ定期便 Vol.2 TOPICS この時期のプリント、湿気でどういう影響が出るの? 知っておきたい、この時期特有の印刷トラブルの原因と対策をご紹介!

CONTENTS01 湿気で影響が出やすいのは「プリント用紙」

プリンターは精密機械ですから、湿気が大嫌い。でも、プリント用紙も同じように湿気が苦手です。湿気によって紙が反り、印刷トラブルを引き起こすこともあるのです。

プリント用紙のわずかな「反り」により印刷時に用紙が汚れることがあります。

湿気によってプリント用紙の四隅が3mm以上反ってしまった場合には、印刷したときに用紙が汚れたり、うまく給紙できなかったりするおそれがあります。ご注意ください。

「反り」のある用紙 画像例

CONTENTS02 もしもプリント用紙が反ってしまったら?

湿気の影響などで「反り」が見られるプリント用紙をそのまま使っていませんか?わずかな反りでも、プリンターは苦手。そこで、反ってしまった用紙のケア方法を紹介します。

コツ1 用紙の裏表を逆にセット!(普通紙の場合)

後トレイに用紙を長期間セットしたままにしていると、用紙が少し反ってしまうことがあります。裏表のない普通紙の場合は、用紙の裏表を逆にしてセットすると改善されることがあります。

反ってしまった場合のコツ1 画像例

コツ2 用紙の「反り」と逆方向に丸める!(その他の用紙の場合)

反ってしまった場合のコツ2 画像例

写真用紙(※絹目調を除く)の四隅が3mm以上反ってしまったら、反りとは逆方向に用紙を優しく丸めて、反りを修正してからトレイにセットします。反りを修正した紙は、1枚づつセットして印刷することをおすすめします。
※キヤノン写真用紙・絹目調をご使用の場合は、用紙が反っていても「そのまま1枚ずつセット」して使用してください。丸めると用紙の表面にひび割れが発生し、印刷品質が低下する場合があります。


CONTENTS03 そもそも用紙を反らさないためには?

プリント用紙は湿気が大嫌い!湿気に対して意外とデリケートなのです。プリント用紙を正しく管理・保管することで、印刷トラブルを防ぐことができるのですよ。

コツ1 用紙をプリンターに入れっぱなしにしない!

用紙は印刷する直前に、印刷する枚数だけをパッケージから取り出して使用してください。
給紙トレイにプリント用紙を入れっぱなしにしていると、湿気の影響を受けて、用紙が反ってしまうことがあります。じつは紙の反りが、紙詰まりや印刷面の汚れなど、トラブルの原因となるのです。

反らせないためにのコツ1 NG画像

コツ2 風通しがよく湿気がこもらない場所に保管!

反らせないためにのコツ2 NG画像

紙に影響を与えやすいのは温度より湿度。紙は湿気を吸収しやすい性質があるので、用紙を保管するときは、湿気がたまりやすい場所ではなく、風通しのいい場所がおすすめです。
直射日光も避けましょう。
また、パッケージから取り出したプリント用紙を放置するのはNG。トレイに入りきらない用紙は、パッケージに戻して密封しましょう。

コツ3 曲がらないように平らな場所で水平に保管!

プリント用紙を長期間使わないときは、用紙が入っていたパッケージに戻して保管しましょう。「折れ」や「曲がり」「たわみ」を防ぐため、立てかけないで水平に保管します。また、小さいサイズの用紙の上に大きいサイズの用紙を重ねておくと、用紙が曲がってしまうので注意しましょう。

反らせないためにのコツ3 画像例

Column 「インクの日」ご存知ですか?

インクの日

キヤノンオンラインショップでは、
毎月19日前後に「インクの日」を開催。

期間中は、PIXUS消耗品の購入でもらえるポイントが数倍に!インクと人気アイテムをお得に購入できる会員限定スペシャルセットもご用意。

キヤノンオンラインショップはこちら

「お手入れ定期便」質問箱

ペンアイコン

「お手入れ定期便」で取り上げてほしいこと、プリンターのお手入れや活用に関するご質問をお寄せください。

ご質問はこちらから

※ すべての内容を掲載するものではありません。
あらかじめご了承ください。


その他にも、さまざまなコンテンツが満載

CANON iMAGE GATEWAY ホーム画面へ