湿気で紙詰まり!? プリント用紙の正しい保管法とは?

湿気で紙詰まり!?
プリント用紙の
正しい保管法とは?

プリンターは精密機械ですから、湿気が大嫌い。
忘れがちですが、プリント用紙も同じように湿気が苦手です。
紙が反るなどして、思わぬ印刷トラブルを引き起こすことも!
プリント用紙を湿気から守る方法を紹介します。

湿気で影響が出やすい
「プリント用紙」

湿気によってプリント用紙の四隅が3mm以上反ってしまったら要注意

湿気によってプリント用紙の四隅が3mm以上反ってしまったら要注意。給紙トラブルの原因となり、印刷したときに紙詰まりや用紙が汚れてしまうおそれがあります。

プリント用紙が
反ってしまったら?

後トレイに長期間用紙をセットして反ってしまった場合

後トレイに用紙を長期間セットしたままにしていると、用紙が少し反ってしまうことがあります。裏表のない普通紙の場合は、用紙の裏表を逆にしてセットすると、反りが元に戻りやすくなります。

反ってしまった用紙の修正のし方

四隅が3mm以上反ってしまったら、反りとは逆方向に用紙を優しく丸めて、反りを修正してからトレイにセットします。反りを修正した紙は、念のため1枚ずつセットして印刷することをおすすめします。

  • ※ キヤノン写真用紙・絹目調をご使用の場合は、用紙が反っていても「そのまま1枚ずつセット」して使用してください。丸めると用紙の表面にひび割れが発生し、印刷品質が低下する場合があります。

プリント用紙を湿気から守る
3つのポイント

① 用紙を長期間プリンターに
入れっぱなしにしないこと!

給紙トレイにプリント用紙を入れっぱなしにしていても、湿気の影響を受けることがあります。使うたびにトレイに用紙を入れるのがベストです。

② 風通しがよく湿気がこもらない
場所に保管を!

紙は湿気を吸収しやすい性質があるので、用紙を保管するときは、風通しのいい場所がおすすめです。直射日光も避けましょう。

③ 立てておくと「曲がり」の原因に。保管は「水平」で!

プリント用紙を長期間使わないときは、用紙が入っていたパッケージに戻して保管しましょう。「折れ」「反り」「たわみ」を防ぐため、立てかけないで水平に保管します。

arrow

プリンターの買い替えを
ご検討中の方にオススメ

らくらく買替便

「らくらく買替便」なら、下取りサービスやメーカー長期保証など、お得な特典がいっぱい!

「らくらく買替便」へ >