「視度調整」でファインダーを鮮明に!

「視度調整」で
ファインダーを鮮明に!

「ピピッ」とピントが合う音が鳴っているのにファインダー内の映像がぼやけて見える… 裸眼でのぞくと被写体や数値がよく見えない… そんなときは「視度調整」が必要です。「視度調整」とは、自分の視力に合わせてファインダーが鮮明に見えるように調整すること。その調整方法をカンタン解説します!

  • ※ 視度調整に非対応の機種もあります。

「視度調整つまみ」を回して
調整します

EOS Kiss X10 「視度調整つまみ」

EOS Kiss X10の場合

EOS R 「視度調整つまみ」

EOS Rの場合

視度調整に対応した機種では、ファインダーの近くに「視度調整つまみ」が配置されています。ファインダーをのぞきながら、このつまみを〈+〉や〈ー〉の方向に回して調整を行います。

つまみが回しにくいときは、アイカップを取り外すと改善される場合があります。機種によりますので使用説明書をご確認くださいね。

AFフレームや数値が
くっきり見えるように調整します

視度調整 AFフレームや数値がくっきり見えるように調整

EOS Kiss X10の場合

視度調整では、ファインダーに表示されるAFフレームや数値がくっきり見えるように調整するのがポイントです。

左は(ちょっと極端ですが)視度が合っていない状態です。ファインダーの映像がこんなにぼけていたら、ピントが合っているのかどうかも分かりませんよね。視度調整を行うことで、ピント合わせがより確実にできるようになります。

このように、つまみを回すだけのカンタン操作でカメラの快適さが変わるのが「視度調整」です。対応機種をお使いなら、ぜひ済ませておきましょう。視力に合った、見やすいファインダーで撮影をお楽しみください!

〈こちらもチェック!〉 ファインダーが汚れていませんか?

視度調整つまみを回してもファインダー内の映像がハッキリしない… そんなときは、ファインダーの表面が指紋やゴミで汚れているかもしれません。もし汚れていたら、ブロアーでゴミを飛ばした後、綿棒などでやさしく拭きましょう!

汚れたファインダーの例

汚れたファインダーの例

ブロアーをかけて綿棒でお掃除!

ブロアーをかけて綿棒でお掃除!

arrow

もしもセルフメンテナンスが
不安だったら……?

キヤノンの技術スタッフによる
メンテナンスサービス
〈あんしんメンテ〉がおすすめ!

専門スタッフがカメラを点検・お掃除
あんしんメンテ スタンダード

あんしんメンテ スタンダード

専門の技術スタッフがカメラボディの点検から、ご自身では手の届きにくい細かな場所の清掃まで対応いたします。詳細な点検レポートも!

「画質重視」のメンテナンス
あんしんメンテ プレミアム

あんしんメンテ プレミアム

カメラと交換レンズの詳細な点検サービスです。スタンダードの内容に加え、高精度測定機器によるピント調整まで対応いたします。

arrow

大切なカメラやレンズをいつもベストな状態に保ち、長くご愛用いただくために。
ぜひ定期的にメンテナンスサービスをご利用ください。

キヤノンの「あんしんメンテ」におまかせください!