カンタン&実践的!初心者のための写真のコツ|絵ハガキのように爽やかクリアに! 海と空の撮り方

カンタン&実践的!初心者のための写真のコツ
バックナンバー

Vol.5

絵ハガキのように爽やかクリアに!
海と空の撮り方

門井ゆりか先生

講師:門井ゆりか
(写真家、EOS 学園講師)

海と空の撮り方

いい写真を撮るには「手順」がたいせつ!紹介する「手順どおり」に撮影すれば、
プロっぽい写真が撮れますよ。写真の基本テクニックを「具体的&わかりやすく!」
お伝えしていきます。ぜひ実際にカメラに触れながらお読みくださいね。
今回は、海や空を見たままの爽やかな色で撮る方法(かんたん!)を紹介します。

みなさんからの写真に
ゆりか先生がアドバイス
公開中!

ゆりか先生のアドバイス

こちらも、ぜひご覧ください!

〈魔法の小道具〉を使えば
海と空を見たイメージどおりの
爽やかな写真にできますよ。

夏です! 太陽にきらめく青い海、晴れ上がった空って気持ちいいですよね。
見たときの感動そのままの写真を撮りたいのに、どうしてもイメージどおりに写ってくれないことがあります。
そんなときにぜひ使いたい〈魔法の小道具〉があるのです。
ぜひ手に入れて活用したい〈魔法の小道具〉の紹介と使い方を解説していきましょう!

  • 撮り方のポイント
  • カメラ設定&撮り方のコツ

〈 撮り方のポイント 〉

門井ゆりか先生

魔法の小道具「PLフィルター」を使って
海も空も爽やかでクリアな写真に!

美しく青く広がる海と空を「見た印象そのままの鮮やかな色」「爽やかでクリアな色」で撮りたいですよね。そんなふうに撮るためのポイントは、「PLフィルター」を使うことです。まずはその違いをご覧ください。

PLフィルターあり

PLフィルター〈あり〉

PLフィルターなし

PLフィルター〈なし〉

この2枚の写真は、同じ日、同じ時間に撮ったものです。海と空の写り具合に注目してください。どうしてこんなに違うのでしょうか? その答えは「PLフィルター」を使ったからです。「PLフィルター」って何? という疑問と、空と海を色鮮やかに撮るためのカメラ設定のコツを順に説明していきましょう。

〈 カメラの設定&撮り方のコツ 〉

門井ゆりか先生

「PLフィルター」を使ってみよう

PLフィルター(円偏光フィルター)とは、余計な光の反射を抑え、被写体そのものの色を鮮やかに見せる効果のあるフィルターのことです。見た目は透明ではなく少し黒っぽいのが特徴。前面リングを回転させて、フィルターがくるくる回せる構造になっています。

PLフィルター

キヤノン製のPLフィルター。お使いのレンズの「フィルター径」と同サイズのPLフィルターを選びます。

PLフィルターの装着方法

PLフィルターはスクリュー式になっていて、レンズ前面に装着します。レンズにしっかり固定したら、外側のリングをくるくると回転させて(つまり、フィルターを回して)使います。回す角度によって効果を強めたり弱めたりすることができるので、ファインダーや液晶モニターを見ながら効果の度合いを確認して使いましょう。

PLフィルターあり

PLフィルター〈あり〉

PLフィルターなし

PLフィルター〈なし〉

PLフィルターの働きは「光の反射をコントロール」することです。空が白っぽく写ってしまうのは、大気が太陽光で反射しているから。この反射をPLフィルターで除去することで、青空の色がクッキリと濃く強調されます。海の照り返しを抑えれば、水の透明感を表現できます。

PLフィルターあり

PLフィルター〈あり〉

PLフィルターなし

PLフィルター〈なし〉

テカテカ光っている木の葉に使えば、こんなふうに邪魔な光の反射を取って葉っぱ本来の色で写せます。これから秋になって「紅葉を真っ赤に撮りたい!」ときにもPLフィルターは大活躍してくれます。

ただし、反射を取り除き過ぎると立体感や質感が乏しくなってしまう場合もあるため、被写体や状況に応じて効果の度合いを調節することが大切です。

鮮やかに仕上がる「ピクチャースタイル」を選ぼう

カメラに搭載されている機能「ピクチャースタイル」を変えるだけでも、写真の色味を鮮やかに強調することができます。「ピクチャースタイル」は、色の濃さやコントラスト、シャープネスなど写真の仕上がり効果がセットされたもので、簡単に選ぶことができます。

ピクチャースタイル〈風景〉

ピクチャースタイル〈風景〉

ピクチャースタイル〈スタンダード〉

ピクチャースタイル〈スタンダード〉

空と海を鮮やかに写したいならばピクチャースタイル「風景」を選びましょう。「風景」は、他のモードよりも全体の色味が濃く、とくに空の青や木々の緑が鮮やかに仕上がります。選択方法はとても簡単です。カメラを手元に置いて順番にやってみてください。準備はOK?

※EOS Kiss X8iを例にして説明します。

1 カメラ背面の〈ピクチャースタイルボタン〉を押す

ピクチャースタイルボタンを押す

2 表示されたピクチャースタイルから〈風景 L〉を選ぶ。

ピクチャースタイルから〈風景 L〉を選ぶ

3 〈SET〉OKボタンを押して設定完了

OKボタンを押して設定完了

※機種によって操作方法が異なります。

色を引き出す「順光」を意識しよう

色を表現するうえで、光の方向を意識することはとても重要です。もっとも被写体の色を鮮やかにクッキリ見せてくれるのは、太陽を背に撮影する「順光」です。反対に、太陽に向かって撮影する「逆光」では、空は明るく白っぽくなってしまいます。つまり、「順光」を意識して撮るのが海や空の青色を鮮やかに撮るコツです。

色を引き出す「順光」を意識しよう

空気が澄んでいれば、ピクチャースタイルと光の条件(順光)だけで、PLフィルターがなくても十分にクリアな青空を写すことができます。ただし、水面の反射が強く海の色が出せない場合は、PLフィルターを使ってみましょう。太陽が高い時間帯に使うと、いっそう効果がわかりやすく出ます。
使い始めは効果の判断に迷うかもしれませんが、たくさん撮ってどんどん慣れていきましょう。

※PLフィルターを使うとカメラに取り込む光の量が少なくなるので、シャッター速度が遅くなり、「ブレ」を起こしやすくなります。注意しましょう。

うまく撮れましたか?

海と空を爽やかクリアにする写真の撮り方

  • 魔法の小道具「PLフィルター」を使おう
  • カメラ設定でピクチャースタイル「風景」を選ぼう
  • 海と空を爽やかな青色で撮るには「順光」がベスト

皆さんから送っていただいた写真に私がコメントする
「ゆりか先生のアドバイス」も見てくださいね。

初心者の皆さん、いらっしゃい!

ゆりか先生のアドバイス

皆さんの写真とコメントはこちら

その他にも、さまざまなコンテンツが満載

CANON iMAGE GATEWAY ホーム画面へ