カメラはじめの一歩プラス 記念日編

カメラはじめの一歩プラス ナイトシーン編

カメラはじめの一歩プラス

ナイトシーン編 「夜のイベントを印象的に撮ろう」

「カメラはじめの一歩プラス」は、「カメラ初心者」の皆さまを対象にお届けする撮り方ガイドです。カメラまかせで撮影を楽しみながら、いい写真を撮るためのコツやポイントを学んでいきましょう。

イルミネーション夜祭り手持ち花火を撮る。

全自動モードで撮影すると、ストロボが光って背景が暗くなってしまうことがありませんか?今回は、まわりの雰囲気を 大事にして撮るために、ストロボをオフにしてナイトシーンを上手にきれいに撮るポイントを見てみましょう。

イルミネーションと人物をきれいに撮りたいとき。

イルミネーションのきらめきをバックに、人物の写真を撮りたいシーンってありますよね。きらきらと幻想的な雰囲気で 人物もきれいに撮れたら、こんなすてきな写真になりますよ。

イルミネーションと人物写真

「わあキレイ!」。お子さんの感動が写り込んでいる写真って魅力的。

この写真のポイントはここ!

人物の表情を明るく撮影できた
写真を選びました

イルミネーションと人物写真

その場の光だけで、
自然な雰囲気に!

華やかな光を背景に選び、
キラキラ感のある楽しそうな
写真になりました

冬場の街を彩るイルミネーション。きれいですよね。イルミネーションがきれいに写っても、メインの人物が暗く写ってしまっては残念です。街灯などある程度の明るさがあれば、ストロボなしで雰囲気の良い写真が撮影できるかもしれません。とはいえ日没以降の暗さの中ではシャッター速度が遅くなり、手ブレが起きやすくなります。カメラをしっかり構え、「ちょっとじっとしていてね!」と声を掛けると、ぶれの少ない写真が撮れますよ。
イルミネーション人物を撮るポイント
  • ①人物を明るく、イルミネーションは背景として撮る
  • ②いちばん華やかなイルミネーションをチョイスする
  • ③カメラがブレないように注意して撮ろう

「ナイトシーン」写真 覚えておきたい〈3つのコツ〉

ナイトシーンを撮るコツはたくさんありますが、
次の3つを意識しながら撮影してみるといいですよ。

コツ1手ブレを抑えて撮る

暗い場所での撮影は難しいですよね。お気に入りの写真が1枚でも撮れるように、まずはたくさん撮ることを心がけましょう。ナイトシーンの撮影では、いかにカメラをぶらさずに撮るかがポイントです。本来は三脚の使用がベストですが、三脚がないときブレが目立たないように撮る方法があります。まずはテーブルやイスなど、しっかりした場所にカメラを置いて撮ること。あるいは壁や大きな木にもたれかかり、体を支えるのも効果的です。
その場に何もない場合は、カメラしっかりと構え、両脇をしめ、ゆっくり息を吐きながらシャッターを押すといいでしょう。少しでもブレの少ない写真を撮るために、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

手ブレが目立たないように撮る方法

コツ2空にほのかな明るさが残る時間帯をねらう

夜祭りや盆踊りを撮るとき、完全に日が沈んでしまうと、空が真っ黒の写真になってしまいます。雰囲気よく撮るなら、日没前後のまだ空の明るさが残る時間帯がおすすめです。空の深いブルーと、照明の明かりのあたたかみが、いい雰囲気をつくり出してくれますよ。

盆踊りの写真

コツ3人物の表情を明るく写し出す

イルミネーションといっしょに撮るときも、人物の表情を明るく写すことをメインに考えましょう。ついついイルミネーションに心を奪われがちですが、イルミネーションは人物の引き立て役です。ピントをしっかりと人物に合わせることが、撮るときの基本です。

人物の表情を明るく写し出す写真

ワンモアSTEP!さらにお気に入りの一枚を撮るために

ナイトシーンの子供は家族と一緒に撮ろう

暗がりだと不安な表情を見せる子でも、家族と一緒なら表情が一変します。絵柄的にも、子供が夜間ひとりでいる雰囲気は違和感があるもの。ぜひ家族と一緒に!
  • 家族の写真

    打ち上げ花火を背景に。
    ママと一緒でご満悦!

  • 家族の写真

    多くの人で賑わう夜店。
    ママにだっこされてれば怖くないよね。

レコメンアイテム

夕暮れ時や夜間の撮影で気になるのが、カメラのブレですよね。
ワンランク上のナイトシーン撮影におすすめしたいのが、カメラをしっかり固定する「三脚」、カメラに触れずにシャッターが切れる「リモートスイッチ」です。また、暗い場所でどうしても明るさが足りないときは、内蔵ストロボより光量の大きな「スピードライト」も、あると便利ですよ。

快適な「夜景撮影」をサポートするおすすめアイテムをチェック

・夜景(イルミネーション)特集はこちら
ベルボンSherpa 345II&ケースセット(ネイビードット)

ベルボンSherpa 345II
&ケースセット(ネイビードット)

さらに写真を楽しみたいあなたへ〈おすすめページ〉

キャノンオンラインショップキヤノンオンラインショップ

安心のキヤノン公式ショップ。カメラ、プリンター、各種アクセサリーなどを販売しています。

写真教室 EOS学園写真教室 EOS学園

プロ写真家が、カメラの使い方や写真の撮り方を指導。講義と実技で楽しく写真が学べます。

「夜祭り」「盆踊り」を撮るとき。

夜祭りや盆踊りは、日本の夏の風物詩。「納涼」の雰囲気がいいですよね。踊る人々の浴衣姿、やぐらや提灯なども、日本的な風情を表しています。日本の夏らしさをすてきに撮りましょう。

夜祭りや盆踊りの写真

おしゃれをして、盆踊りデビュー。きれいな光の中で撮れました。

この写真のポイントはここ!

濃いブルーがきれいな
「マジックアワー」に撮影

夜祭りや盆踊りの写真

人物が重ならないタイミング
を待って撮れました

盆踊りを「背景」として活用
背景に動きが出て、楽しそうな
写真になりました

盆踊りの撮影は、会場の明るさに左右されます。真っ暗になる前の時間帯に撮ることをオススメします。日没前後の空にまだ明るさの残る時間帯に撮ると、写真が暗くなりすぎることなく、夜のいい雰囲気そのままに撮れますよ。また、ストロボを発光すれば手前の人物はきれいに写せますが、発光しないほうが、その場の雰囲気を伝える写真になります。
夜祭りや盆踊りの写真を撮るポイント
  • ①日没前後の空に明るさが残る時間帯に撮る
  • ②ストロボを発光させず、その場の雰囲気を写す
  • ③手ブレに注意して、カメラをしっかり構える

手持ち花火を楽しむ姿を撮りたいとき。

派手で迫力ある打ち上げ花火だけでなく、手持ちの花火は、魅力的な夏のナイトシーンのひとつですね。花火だけではなく、花火で遊ぶ人もいっしょに写せると、いい雰囲気の写真になりますよ。

手持ち花火を楽しむ写真

お子さんは手持ち花火が大好き。普段とは違う表情を見せてくれますよ。

この写真のポイントはここ!

暗い中でしたが、きちんと
顔にピントを合わせました

手持ち花火を楽しむ写真

子供の表情がよく見える
ようにカメラの位置は低く

煙が顔にかからないように、
風上からカメラを構えます

手持ち花火は意外と明るいので、ストロボなしでの撮影にチャレンジしてみてください。それでもシャッター速度は遅くなりがちなので、手ブレには注意します。ちょっとコツが必要なのは、ピント合わせ。花火着火前の暗がりでは、ピントが合わせにくい場合があります。そんなときは、花火に火を点けて十分に明るくなってから、ねらったところにピント合わせを行い、なるべくたくさん撮っておきましょう。
手持ち花火を撮るポイント
  • ①煙がじゃまになるのでカメラは風上から構える
  • ②ストロボはオフで、雰囲気を大切に撮る
  • ③暗いのでブレに注意。なるべくたくさん撮っておこう

※サンプル写真は、作品として仕上げるため画像調整を加えております。