写真用語集 – アングル

写真用語集

TOPへ

アングル

あんぐる

アングルとは、被写体に対するカメラの角度のことです。目線から撮る「アイレベル」、腰の位置で撮る「ウエストレベル」、上部から見下ろす「ハイアングル」、下から見上げる「ローアングル」などがあります。


具体的には、たとえば花をアイレベルで撮影すると自然な感じには写るものの、どちらかといえば平凡な写真になります。地面すれすれに咲くパンジーなどの花なら、地面に直接カメラを置いてローアングルから虫の視線で撮影するとおもしろい写真が撮れるでしょう。人と違った写真を撮るには、このカメラアングルの工夫がとても大切です。立ったままの目線から撮る写真ではなく、アングルにひと工夫加えてより良い作品撮影を心がけましょう。

写真やカメラの専門的な用語を簡単にわかりやすく解説

写真やカメラの用語にはちょっと難しい言葉も数多くあります。 この写真用語集では、よく耳にする写真の撮影方法やカメラに関する専門用語をあつめて、 初心者の方でもわかりやすく作例やイラスト入りで解説しました。

会員限定コンテンツを読むなら、今すぐログイン!

キヤノンイメージゲートウェイでは、会員限定コンテンツを続々更新中。
フォトコンテストやおトク情報など、楽しく便利なコンテンツが満載!
ぜひログインしてご覧ください。