DOG PHOTOGRAPHERS

アジサイと一緒に撮るコツは? 
[詳しくはこちら]
優秀作を毎月インスタで公開 
[詳しくはこちら]
ライブを収録したアーカイブ動画公開中 
[詳しくはこちら]
separate line

犬が大好き、だから写真が楽しくてたまらない。

写真家 中村陽子

大切な一瞬をとらえることができたなら。
愛犬とのかけがえのない時間を、
より美しく切り取り、残す。
あなたも「DOG PHOTOGRAPHER」に
なってみませんか。
写真家・中村陽子がアドバイスします。

separate line

EVENT

  • ドラマチック!魅惑のヒメボタルを撮ろう

    YouTubeライブ無料

    [スマホOK] 愛犬写真のコツ、教えます!
    中村陽子&大谷香菜子 ワンダーライブ

    5月19日(水)/配信終了:アーカイブ公開中

    アーカイブはこちら

  • ペットフォト作品講座

    写真教室有料

    中村陽子が教えるペットフォト作品講座
    「フォトブック作成編」

    7月7日(水)/夜間コース

    詳しくはこちら

    ※ 満席の場合はご容赦ください。
  • フォトハウス銀座

    ショールーム

    新しい写真のコミュニケーション拠点。
    キヤノンフォトハウス

    4月14日(水)東京・大阪にオープン

    詳しくはこちら

写真家・中村陽子が選んだ 今月のドッグフォト

SPOTLIGHT

「SPOTLIGHT」は毎月、皆さんが投稿された
ドッグフォトから優秀作3点を選ぶコーナーです。
優秀作は、キヤノンイメージゲートウェイ
公式インスタグラムにて
写真家・中村陽子の選考コメントとともに発表!
下のボタンを押してご覧ください。

これまでの優秀作を見る

SPOTLIGHTに
応募してみませんか?

愛犬のすてきな1枚が撮れたら
インスタグラムに

#ドッグフォトグラファーズ

のハッシュタグをつけて
投稿してください!

COVER PHOTO

アジサイと一緒に撮るなら、思いっきりローアングルで!

アジサイと一緒に撮るなら、思いっきりローアングルで!

アジサイが咲く6月がやってきました。
アジサイは低い位置にあるので、背の高い桜と一緒に撮るよりは撮りやすい花だと思います。でも、そのまましゃがんだ状態で撮ってしまうと、犬が飛んでいても低く見えたり、背景が地面や茎の部分になって、残念な仕上がりになってしまいます。
バリアングル液晶モニターを使って、下から見上げるように撮影することで、あまり高く飛んでいなくても高く飛んでいるように見えたり、背景も花でいっぱいになり、華やかな仕上がりになります。ぜひ今年のアジサイは思いっきり低い位置から狙って撮影してみてくださいね。

separate line

\YouTubeライブを開催しました/

DOG PHOTOGRAPHER・中村陽子さんと
大谷香菜子さんが繰り広げる
スペシャルトークライブ!
スマホでもできる、愛犬撮影のコツを
楽しくご紹介します。

配信場所:キヤノンフォトハウス銀座
出演:中村陽子さん(写真家)
ゲスト:大谷香菜子さん(ドッグブランドオーナー)

ご視聴いただいた方へ
ぜひご意見・ご感想をお寄せください!

写真家・中村陽子氏おすすめ! EOS R5ペット撮影セット

separate line

LESSON

大切な愛犬をもっと素敵に。
写真家・中村陽子の「撮り方レシピ」はこちらから。

中村陽子の
10分間レッスン動画!

「カメラ派」も「スマホ派」も必見! 
ペット写真のコツをわかりやすく紹介する
10分間のレッスン動画です。

愛犬をかわいく撮るにはコツがある!
ペット撮影のフォトテクニック

かんたん解説
3ポイント撮影テクニック

この写真どう撮った?
写真の撮り方レシピを公開!

中村陽子がペット撮影で試した
EOS R5の魅力をご紹介!

写真家・中村陽子が語るEOS R5&アクセサリー

中村陽子

中村 陽子

写真家・EOS学園講師

プロフィール
大阪市生まれ。カナダ トロント市在住中に犬と暮らしをはじめペットの撮影を始める。2015年に(有)ドッグファーストとスタジオD1を設立。広告を中心としてペットや子供の撮影などを手掛ける。現在トイプードルのPASTEL、ノーフォークテリアのCOOPY、ジャックラッセルテリアのPOPとCOLORの四頭の愛犬と暮らしています。

EOS学園 講師プロフィールへ

中村陽子のInstagramアカウントはこちら

  • 愛犬の撮影をする場合は、各種法律や条例を遵守し、安全にかつ周りに迷惑をかけない方法での撮影を心がけましょう。
    私有地など人に害を加える恐れのない場所以外では、リードによる管理が必要です。
    (掲載作品にはリードが見えない工夫をしての撮影や、撮影後の画像加工を施しているものもあります)