メンテナンスの新サービス「オーバーホール」現場見学レポート カメラ編

メンテナンスの新サービス「オーバーホール」現場見学レポート カメラ編

あんしんメンテ「オーバーホール」の詳細情報・費用はこちら

キヤノンフォトサークル11月号より 
『あんしんメンテの新サービス「オーバーホール」を受けてみた』

キヤノンフォトサークル

本コンテンツは「キヤノンフォトサークル」との特別タイアップ記事です。> バックナンバー

キヤノンのカメラ点検サービス「あんしんメンテ」。
従来の「スタンダード」「プレミアム」に加え、2017年7月より「オーバーホール」のサービスが始まりました。
果たして「オーバーホール」ではどのようなことをしてくれるのか? その内容を紹介します。

INDEX

カメラを分解して各パーツを細かくチェック

今回、向かったのはキヤノン イメージコミュニケーションテクニカルセンター。「オーバーホール」は豊富な知識と経験を持った技術者しかできないため、すべてこちらで行っています。早速、その内容を見てみると、まずは、カメラの状態の診断から。シャッターや各種ボタンを一つ一つ操作して違和感がないかを確認し、特別な機械も使って念入りにチェックします。そして、いよいよ「オーバーホール」の肝である分解へ。

オーバーホールは「分解」まで行うので内部まで検査できる

「あんしんメンテ」の中で、「オーバーホール」でしか受けられないサービスが分解点検です。カメラ内部の磨耗や腐食など、分解しないと見つけられない異常を発見し、対処します。もし、カメラ内部のパーツに異常の傾向が見られたら、今は動いていても、いずれ動かなくなる恐れがあるので部品交換します。つまり、故障を未然に防ぐためにも分解するメリットは大きいのです。

オーバーホールは「分解」まで行うので内部まで検査できる

POINT1

技術者の鮮やかな手さばきでみるみる分解されていくカメラ。外観のカバーが外され、カメラ内部の精密機器も次々と取り外されていきます。慣れた手つきでスピーディーに分解を進めながらも、各パーツを細かくチェック。特に駆動するパーツであるミラーボックスユニットやシャッターユニットは隅々まで調べます。すべて分解し終え机の上に整然と並べられたパーツ。1台のカメラにはこのように数多くの部品が使われていますが、そのすべてに異常がないかチェックする丁寧さが、「オーバーホール」の最も重要なポイントです。

分解しないと分からない摩耗や劣化は意外と多かった

分解で気付く異常の多くはミラーボックスユニットやシャッターユニット。シャッターを切るたびに駆動するため磨耗していることがあります。そのほか、カメラ内部までゴミが入っていることもあります。

分解しないと分からない摩耗や劣化は意外と多かった
POINT2

分解を終え、交換が必要な部品を見極めると、次は組み立て工程へ。一つ一つのパーツを清掃しながら、カメラが徐々に元の形に戻っていきます。もちろん、パーツを清掃する作業もとても丁寧。ブロアーやブラシ、ピンセットに巻きつけたシルボン紙を使い分け、特にセンサー部を清掃する繊細な力加減は熟練の技術者だからこそできるのでしょう。
組み立て後は最後の工程である調整・検査へ。最高のパフォーマンスが発揮できるように、AFの精度やホワイトバランスの検査など、専用の測定器を用いて詳しく調べ、完璧な状態であることを確認してから、ようやくカメラの「オーバーホール」の全行程が終了するのです。

分解して組み立てた後もAFなど精度の確認を行うから安心

カメラを分解したため、フランジバック(レンズマウント部からセンサーの撮像面までの距離)を含め、さまざまな箇所を精密に検査することは必須。フランジバックのほかにもAFセンサーやシャッターユニットなど、それぞれ専用の機械を使うことで、人の目では判断できない細かい調整も行えます。

分解して組み立てた後もAFなど精度の確認を行うから安心

POINT3

カメラとレンズの「オーバーホール」の工程を見て感じたことは、とにかく丁寧であるということ。部品一つ一つを細かくチェックするのはもちろん、機材を扱う姿勢から丁寧です。
例えば、静電気がカメラやレンズに悪影響を及ぼさないために、技術者全員が帯電防止対策をしっかりと行っています。また、メンテナンス作業を最初から最後まで一人の技術者が責任をもって担当するなど、カメラやレンズと、その持ち主のことを第一に考えています。加えて、「オーバーホール」を終えて返却するときに一緒に渡される「点検シート」も、持ち主にとってはうれしいサービス。自分の愛機の状態を知ることができ、どのような作業をしたかが一目で分かるのです。

作業後は点検シートで細かく説明

作業内容だけでなくシャッター作動回数なども記された「点検シート」。「点検シート」は、 「オーバーホール」だけでなく、「スタンダード」や「プレミアム」でもお渡ししています。

作業後は点検シートで細かく説明
POINT4

カメラやレンズを最良の状態にしてくれる「あんしんメンテ」。写真愛好家にとって自分の愛機は、いわば相棒のようなもの。 これからも長く付き合うために、このサービスを受けてみてはいかがでしょうか。清掃を行う「スタンダード」、清掃や点検、調整を行う「プレミアム」、 そして、分解してカメラの内部まで清掃、点検、調整をする「オーバーホール」。写真を長く楽しみたい人には欠かせないサービスです。

レンズ編もぜひチェック!
レンズ編もぜひチェック!

あんしんメンテ オーバーホールはレンズも分解して徹底点検。「分解するからこそできる」メンテとは? ぜひご覧ください。

大事なカメラのお手入れはプロにおまかせ あんしんメンテ

※1 下記機種は対象外となります。ご了承ください。
エントリーモデルのレンズ交換式デジタルカメラ、ミラーレスカメラ、フィルム一眼レフカメラ、EF-Sレンズ、EF-Mレンズ、エクステンダー、修理対応期間終了製品

「キヤノンフォトサークル」誌を定期購読しませんか?

キヤノンフォトサークル会報誌

「キヤノンフォトサークル」は約100ページのフルカラー月刊誌。
新製品の技術レポートや著名写真家の作品紹介、フォトテクニックを学べる記事など、
写真がもっと好きになる情報が満載です。

1年間の定期購読を申し込めば、さらにお得な特典が!

・カメラやレンズの「モニター貸し出し」
・鉄道,飛行機,ポートレートの撮影イベントへの参加
・カメラ修理費用, EOS学園受講の割引サービス

詳しくはこちら

その他にも、さまざまなコンテンツが満載

CANON iMAGE GATEWAY ホーム画面へ