フォトテクレッスン 風景写真の撮り方・仕上げ方「紅葉と滝景。北軽〜南牧、縦走」撮り方編

フォトテク・レッスン 風景写真の撮り方・仕上げ方 「紅葉と滝景。北軽〜南牧、縦走」 撮り方編
写真家 種清 豊先生(EOS学園講師)

撮影・講師:種清 豊

1982年、大阪府生まれ。京都産業大学外国語学部ドイツ語学科卒業後、写真家・竹内敏信氏のアシスタントを経て独立。主に日本各地に残る明治、大正、昭和初期のクラシックな素材を求めて撮影中。また、人物撮影や、デジタルカメラ専門誌、カメラ専門誌での執筆活動も行っている。

撮り方編

仕上げ方編

しっかり撮れるようになる撮り方レッスン

秋の紅葉めぐり。本州では10月中旬から本格的に撮影開始です。桜と同じく気温や標高を確認しながら、撮影ポイントを探していきます。木々の色づき具合や葉っぱの状態などの細かな点にも注目します。また、紅葉という季節を象徴する景色と滝や山並みをからめた撮影も楽しいでしょう。限られた時間だからこそ、撮影ポイントを絞り、これから訪れる季節の準備をしておくといいでしょう。今回は、群馬県西端の南牧村を起点に、長野県の北軽井沢周辺の紅葉や滝をめぐりました。

白い岩肌と紅葉(南牧村)

白い岩肌と紅葉(南牧村)

突然現れた切り立つ白い断崖に、並ぶようにして色づいた紅葉の姿。南牧村周辺の滝と紅葉を探していた際に、偶然見つけた場所です。赤と白、青空との快晴時のコントラストで彩度よく仕上がりました。

EOS 6D・EF70-200mm F4L IS USM・1/60・F11・-2/3補正・ISO250・WBオート

谷の稜線と光(烏川渓谷付近)

谷の稜線と光(烏川渓谷付近)

車道から見えた紅葉に彩られた山腹。三角を基調とした稜線と、その連なる様子を望遠レンズでねらいます。少し傾いた太陽のため谷の部分に影が落ち、画面上部のハイライトと適度な明暗差を作っていました。風景撮影では、つねに太陽の位置を確認することが大切です。

EOS 6D・EF70-200mm F4L IS USM・1/50・F7.1・-2/3補正・ISO800・WB太陽光

冠雪する浅間(つまごいパノラマライン)

冠雪する浅間(つまごいパノラマライン)

なだらかでゆったりとした山肌を見せる浅間山の姿は、北軽井沢から見ることができます。牧場やキャベツ畑が広がるこの地域は遮蔽物も少なく、雄大で広い風景撮影が行えるオススメのポイントです。

EOS 6D・EF70-200mm F4L IS USM・1/250・F6.3・-1/3補正・ISO400・WBオート

日没間近の白糸の滝

日没間近の白糸の滝

北軽井沢の白糸の滝は、アクセスが容易な滝です。山に囲まれているので、日没時刻以前に、周囲は暗くなってしまいます。このときも太陽の姿はなく、わずかな薄明かりのなかで撮影。結果としてフラットで暗い雰囲気の光が、妖艶な滝の姿を見せてくれました。

EOS 6D・EF70-200mm F4L IS USM・1.3秒・F14・-1 1/3補正・ISO100・WBオート

浅間大滝(北軽井沢)

浅間大滝(北軽井沢)

浅間大滝は水量が豊富で、迫力ある姿が有名な滝。近くの魚止めの滝と並んで、手軽に撮影できる環境です。落差よりは幅が広い滝ですので、縦位置ではなく全体を横位置でねらいます。また滝の下に続く渓流も含めて、少し広めの構図でもねらえるでしょう。

EOS M・EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM・1.6秒・F13・-1補正・ISO100・WB太陽光

種清先生おすすめアイテム

〈風景写真〉 機材の選び方

風景撮影で必須の望遠レンズと並んで、ぜひオススメしたいレンズが、焦点距離24mmを越える超広角ズームです。空いっぱいに広がる雲の様子や、広がりのある情景をねらう際に、標準ズームでは得られない遠近感とパースに富んだ迫力ある風景をねらってみましょう。

写真教室「EOS学園」で、写真を学んでみませんか?

カメラの基本的な使い方講座から、プロ写真家によるわかりやすい講習のほか、実践的で楽しい撮影実習、撮影後に作品を見ながらの講評などを通じて、写真撮影技術の上達を目指す方におすすめの講座が盛りだくさんです。
東京・名古屋・大阪に常設校のほか、各地方での開催もあります。 EOS学園をぜひチェック!
今回のフォトテク・レッスン講師・種清豊先生の教室もあります。

EOS学園講師 種清 豊先生

EOS 学園講師
種清 豊先生

NEWCANON iMAGE GATEWAYの「ホーム」画面が新しくなりました!

コンテンツを探しやすくなっています。ぜひ一度ご覧ください!