写真用語集 – SDカード

写真用語集

TOPへ

SDカード

えすでぃーかーど

SDカード(SDメモリーカード)とは、1999年に松下電器産業(現・パナソニック)、東芝、SanDisk社が共同開発したメモリーカードの規格で、デジタルカメラ、ゲーム、携帯電話など家庭用電化製品にも幅広く使われています。サイズは約24×約32mm、厚さ2.1mmとCFカードなどに比べて小型。容量の数字が大きいほどたくさんの写真が保存できます。 また、SDメモリーカードには容量別にSD、SDHC、SDXCの3種類が存在し、容量はSDが2GBまで、SDHCが32GBまで、SDXCが2TBのものもあります。また、読み出しや書き込みの速度は、スピードクラスやUHSなどの規格で表され、最新のUHS規格では300MB/秒での読み出しにも対応しています。ただし、UHS規格やSDXC規格には対応していないデジタルカメラやカードリーダーもありますので、注意してください。 なお、SDメモリーカードは小型のため、野外で落とすと見失いがち。持ち歩きの際はケースに保管するなど、取り扱いには注意しましょう。

SDカード

SDカードの形状

写真やカメラの専門的な用語を簡単にわかりやすく解説

写真やカメラの用語にはちょっと難しい言葉も数多くあります。 この写真用語集では、よく耳にする写真の撮影方法やカメラに関する専門用語をあつめて、 初心者の方でもわかりやすく作例やイラスト入りで解説しました。

その他にも、さまざまなコンテンツが満載!

キヤノンイメージゲートウェイ TOPへ