写真用語集 – フィルムサイズ

写真用語集

TOPへ

フィルムサイズ

ふぃるむさいず

銀塩カメラ用の様々なフィルムサイズについて

銀塩カメラで写真を記録するフィルムには、さまざまな大きさがあります。代表的なサイズは、35mmフィルム(36×24mm)です。金属製のケース(パトローネ)に入っていて、12枚撮り、24枚撮り、36枚撮りがあります。


風景写真家に人気のフィルムサイズには、35mmフィルムの約2.7倍の大きさがある645(ロクヨンゴ)判(6×4.5cm)があります。質感描写に優れ、対応カメラも比較的小型軽量でAFも搭載されています。 ほかにも、6×7(ロクナナ)判(6×7cm)は35mmフィルムの約4倍のサイズがあり、写真館や風景写真家が好んで使用します。6×9(ロクキュウ)判(6×9cm)は35mmフィルムの約6倍のサイズで、集合写真撮影に多用されています。


6×4.5判、6×7判、6×9判は同じブローニーフィルムを使用。フィルムの長さにより120サイズと220サイズがあり、使用するカメラによって撮影枚数が変わります。広告写真や風景写真の分野では、さらに大きなフィルムサイズの4×5(シノゴ)判(4×5inch)と、8×10(エイトバイテン)判(8×10inch)を使うビューカメラ(蛇腹カメラ)も使われています。

フィルムサイズ

各フィルムサイズの比較

写真やカメラの専門的な用語を簡単にわかりやすく解説

写真やカメラの用語にはちょっと難しい言葉も数多くあります。 この写真用語集では、よく耳にする写真の撮影方法やカメラに関する専門用語をあつめて、 初心者の方でもわかりやすく作例やイラスト入りで解説しました。

その他にも、さまざまなコンテンツが満載!

キヤノンイメージゲートウェイ TOPへ