写真用語集 – オートホワイトバランス

写真用語集

TOPへ

オートホワイトバランス(AWB)

おーとほわいとばらんす(えーだぶりゅーびー)

通常撮影はオートホワイトバランスで!

オートホワイトバランスは、さまざまな環境で、人間の肉眼に近い自然な発色に色補正するしくみのことです。ほとんどのカメラに搭載されている機能で、ホワイトバランスの設定は初期設定でこのオートホワイトバランスに設定されています。たとえばホワイトバランスを「太陽光」に設定して写すとうまく写らない蛍光灯や電球で照明されている室内でも、オートホワイトバランスなら肉眼に近い自然な色調が得られます。


一般的なカメラには、オートホワイトバランスを「AWB」と略されて掲示されていますので、覚えておきましょう。


色を強調する時は、オートホワイトバランス以外にもチャレンジを!

たいへん便利なオートホワイトバランスですが、デメリットもあります。たとえば、空が真っ赤に染まった夕焼けを写そうとしても空の赤味が補正されてしまい、雰囲気が出ないことがあります。このように真っ赤に染まった夕焼けを表現したい場合は、ホワイトバランスをオートホワイトバランスではなく「太陽光」にセットします。さらに空の赤味を強調したい場合は、ホワイトバランスを「曇り」にセットするといいでしょう。


ホワイトバランスは、画像編集ソフト等のフィルターとは異なり、基本的には撮影前にセットして使用する機能です。一般的なJPEGモードではなく、RAWモードで撮影する場合は、撮影後に画質劣化なく変更することもできますが、ホワイトバランスは撮影時に設定する癖をつけておいた方が間違いありません。作品選びの時にも便利です。

写真やカメラの専門的な用語を簡単にわかりやすく解説

写真やカメラの用語にはちょっと難しい言葉も数多くあります。 この写真用語集では、よく耳にする写真の撮影方法やカメラに関する専門用語をあつめて、 初心者の方でもわかりやすく作例やイラスト入りで解説しました。

その他にも、さまざまなコンテンツが満載!

キヤノンイメージゲートウェイ TOPへ