【第11回】キヤノンフォトサークル1月号「EOS 5D Mark IV インプレッション」

EOS 5D Mark IV

EOS 5D Mark IV インプレッション

キヤノンフォトサークル1月号より
「EOS 5D Mark IV インプレッション」

本コンテンツは「キヤノンフォトサークル」との特別タイアップ記事です。 バックナンバー

AF、画質、ライブビューなどあらゆる面で進化を遂げて登場したフルサイズ一眼レフカメラ、EOS 5D Mark IV。
今回は動物写真家、福田幸広氏が暗い状況など厳しい条件下での撮影の使用感をレポートします。

インプレッションポイント1-暗所に強い低輝度限界-4EVのライブビューAF。かすかな光の中でも動物にピントを合わせて撮れました

EOS 5D Mark IV・EF200mm F2L IS USM・F2・1/10秒・ISO10000

EOS 5D Mark IV・EF200mm F2L IS USM・F2・1/10秒・ISO10000

●日が暮れた後の暗い森でもライブビューで素早くピント合わせして撮れました

ブラインドの中でヒグマの出現を息を殺しながら待っていると、日没後真っ暗になる寸前に姿を現しました。目視するのがやっとで、ファインダー撮影は厳しい状況でした。ライブビューに切り替え、AFで素早くピント合わせ。正確なAFにより満足のいく撮影ができました。

デュアルピクセルCMOS
                        AFを採用したライブビューAFは-4EVという暗さでもピント合わせが可能。

低輝度限界-4EVの性能をもつライブビューAFは、暗い森や朝夕の野生動物の撮影において、大きなアドバンテージです。さらにサーボAFでの連写中には、撮影カットがわずかな時間ですが画面表示されますので、ブレの効果などを確認しながら撮影できるメリットもあります。

デュアルピクセルCMOSAFを採用したライブビューAFは-4EVという暗さでもピント合わせが可能。

●これまで不可能だった撮影を可能にしたライブビューAF

私はこれまでライブビューAFは動物撮影で使うという意識があまりありませんでした。しかし、それが大きく変わったのが、晩秋のフィンランドでのヒグマ取材です。ヒグマは薄暮から日没後に活発に動きます。日が沈むと急速に暗くなり、ファインダーではとらえにくくなってしまい、これまでは撮影ができませんでした。
しかし、EOS 5D Mark IVのライブビューで撮影してみると、しっかりと背面液晶にクマの姿が浮かび上がったのです。さらに低輝度限界-4EVのAFにより、正確にピントが合いました。「これなら撮影できる!」と確信した瞬間でした。
また、タッチパネルの採用で、画面に触れるだけでピントが合い、瞬時に撮影が可能。暗所ではピントが合うだけでも素晴らしいことですが、サーボAFでヒグマの動きに合わせてピントを合わせ続けることもできます。このカメラでなかったらこの秋のヒグマ撮影は成立しなかったでしょう。今回の撮影では、過去にここを訪れた写真家の作品にはない初めてのイメージを表現できたのです。

インプレッションポイント2-30.4Mピクセルの高精細な画質は動物と風景を緻密に描写します

EOS 5D Mark IV・EF16-35mm F4L IS USM・F10・2秒・ISO1600

EOS 5D Mark IV・EF16-35mm F4L IS USM・F10・2秒・ISO1600

●ニホンザルの目の表情や毛並み、木の葉の美しさまでしっかり写し出すことができました

ニホンザルの目の表情や毛並み、木の葉の美しさまでしっかり写し出すことができました

30.4MピクセルにアップしたCMOSセンサーにより、EOS 5D Mark III以上に高精細で緻密な写真が撮れるようになりました。サルの顔の細かなしわや傷、背景となる木々や落ち葉まで緻密に再現されています。写真展での大判プリントを前提にしたカットにも果敢に挑戦できます。

※すべての記事は「キヤノンフォトサークル」本誌でお読みいただけます。

EOS 5D Mark IVのご予約&お買い求めは、ぜひキヤノンオンラインショップで!

初代EOS 5Dの登場から11年。EOS 5D Mark IIIの登場からおよそ4年半の歳月を経て、まさに満を持して登場するのが、EOS 5Dシリーズ4代目となる「EOS 5D Mark IV」。「待っていました!」という方も、「ついに出ちゃったか!」という方もいらっしゃるのでは? すべての方に確かめていただきたい熟成の進化を遂げたニューモデルです。ぜひチェックを!

ご予約、ご購入はぜひ、キヤノンの公式オンラインショップ「キヤノンオンラインショップ」で。安心して製品をご購入いただけます。お買い物金額に応じてお得なポイントもつきます。5,000円(税込)以上のご注文は送料無料です。

「キヤノンフォトサークル」誌を定期購読しませんか?

キヤノンフォトサークル会報誌

「キヤノンフォトサークル」は約100ページのフルカラー月刊誌。
新製品の技術レポートや著名写真家の作品紹介、フォトテクニックを学べる記事など、
写真がもっと好きになる情報が満載です。

1年間の定期購読を申し込めば、さらにお得な特典が!

・カメラやレンズの「モニター貸し出し」
・鉄道,飛行機,ポートレートの撮影イベントへの参加
・カメラ修理費用, EOS学園受講の割引サービス

詳しくはこちら

その他にも、さまざまなコンテンツが満載

CANON iMAGE GATEWAY ホーム画面へ