【第8回】キヤノンフォトサークル10月号「新製品情報 EOS M5」

EOS M5

新製品情報 EOS M5

EOS M5の特徴

キヤノンフォトサークル10月号より
「新製品情報 EOS M5」

キヤノンフォトサークル

本コンテンツは「キヤノンフォトサークル」との特別タイアップ記事です。> バックナンバー

内蔵EVFとAFの新操作

優れたEVFを内蔵しAFの操作性も充実

EOS M5の内蔵EVFは、約236万ドットの高精細有機ELパネルを採用。光軸の鉛直線上に配置されているので、自然に構え、違和感なくフレーミングに集中することが可能です。

約236万ドットの内蔵EVF

約236万ドットの内蔵EVF

EOS Mシリーズ初搭載となる内蔵EVFは、約236万ドットの高精細有機ELパネルを採用。高い解像感で快適な撮影を実現しています。アイポイントは約22mmで、眼鏡をかけていても快適に撮影可能。EVF表示とモニター表示は接眼部のセンサーで自動切り換えができます。

光軸上にEVFを配置

光軸上にEVFを配置

カメラを自然に構えることができるよう、光軸の鉛直線上にEVFを配置。自然な感覚で構図づくりに集中できます。

さらに、ファインダーから目を離すことなくAFフレームの選択・移動ができる「タッチ&ドラッグAF」機能を搭載。ファインダーでライブビュー画像を確認しながら、ピントを合わせたい被写体を液晶パネルに触れて選択することで、自在にピント位置の調整をすることができます。

EVFのAFフレームを直感的に操れるタッチ&ドラッグAF
タッチ&ドラッグAF

EVF上のAFフレームをライブビューのように直感的にタッチ操作可能

タッチ&ドラッグAFをオンにすれば、EVFをのぞきながら、指による直感的なタッチ操作により、AFフレームを選択したり移動したりすることができます。1点AFだけでなく、指定したゾーン内で自動選択AFを行うスムーズゾーンAF、顔+追尾優先AFにも対応しています。

AFフレーム移動のタイプ

好みによりAFフレーム移動のタイプが選べます

AFフレームの移動方法は、撮影者の好みに応じ、普通のタッチAFのように、フォーカスしたい座標を指で指定する「絶対位置」と、指で動かした方向や移動量に応じて、現在の位置からAFフレームが動く「相対位置」を選択することができます。

タッチ&ドラッグAF切り換えボタン

タッチ&ドラッグAF切り換えボタン

デフォルトでは、正面から見てマウント部の左下にあるボタンが、タッチ&ドラッグAFのオン/オフボタンです。

さらに、タッチ操作の範囲は、液晶全域、左右各半分、左右上下の各1/4部分の7パターンから選択・設定することが可能です。操作方法も、狙った被写体の位置にタッチする「絶対位置」と、現地点からの移動方向と移動量で選択フレームを動かす「相対位置」の2パターンを用意。操作方法の好みによって、最適な操作スタイルにカスタマイズすることができます。またタッチ&ドラッグAFは、1点AFだけでなく、今回新たに搭載したスムーズゾーンAF、顔+追尾優先AFにも対応。直感的なAF操作と優れたEVFで、快適なファインダー撮影を堪能できます。

7つの作動エリア

選べる7つの作動エリア

タッチパネルの作動エリアは、利き目や利き手、手の大きさなど、撮影者が操作しやすいよう、液晶全域、1/2(左半分、右半分)、1/4(左上、左下、右上、右下)という、7つの作動エリアから選択することができます。

<会員限定>「EOS M5」SDカードセットがおトク! <最大ポイント10倍>

セットご予約の方に、キヤノン オリジナルトートバッグプレゼント!

進化した操作性

ファインダー撮影に集中できる快適な操作性

EOS M5は、その快適な操作性も大きな魅力ポイント。その一つが機能性の高いEVFの情報表示です。画面左には記録画質やホワイトバランス、ピクチャースタイルなど、画づくりに関する情報を表示。下段には、撮影モードや露出補正値、ISO感度など、撮影に関する情報が表示されるので、現在の設定をダイレクトに確認することができます。表示スタイルは、画面全体の細かいディテールまで確認しやすいフル表示と、画像と撮影情報が完全に分離した縮小表示を選択することができます。また、縦位置に構えると、自動的に表示も縦位置に最適化したレイアウトとなるので、縦でも横でも同じ感覚で撮影が可能です。

機能性の高いEVF表示

横位置、縦位置への対応

カメラを縦位置に構えると、撮影情報表示も自動で縦位置に最適化されたレイアウトとなるので、縦でも横でも同様の設定情報確認が可能です。

表示形式

表示形式は、細かいディテールまで確認しやすいフル表示と、撮影情報と画面全体を直感的に把握できる縮小表示の2種類から選択できます。

EVF内表示は、下段に撮影モードやF値・シャッター速度、露出補正値、ISO感度など、現在の撮影設定状態が表示され、左横に記録画質やホワイトバランス、ピクチャースタイルなど画質や画づくりに関連する設定状態が表示されます。またMF撮影時には、EVF上でフォーカス位置を拡大表示することができるなど、機能的で快適なファインダーとなっています。

そして各操作系も、快適な操作ができるよう設計しています。電子ダイヤルと露出補正ダイヤル、モードダイヤル、そしてコントローラーホイールなどを適切にレイアウト。特に新装備のダイヤルファンクションボタンとサブ電子ダイヤルの組み合わせで、ホワイトバランスやAFモードなどの設定変更を、ファインダーをのぞきながらでもスムーズに行うことが可能です。

EOS M3からさらに進化した優れた操作性

優れた操作性

EVFをのぞいて撮るスタイルに最適化した操作系で、左側にモードダイヤル、右側にはメイン電子ダイヤル、露出補正ダイヤル、サブ電子ダイヤルという4つのダイヤルを装備。背面のコントローラーホイールとともに、ファインダーから目を離すことなく、明快で迷いのない操作ができるよう工夫されています。

EVFをのぞきながらの設定変更がしやすい新サブ電子ダイヤル

新サブ電子ダイヤル

EOS M5のサブ電子ダイヤルには、中央にダイヤルファンクションボタンを組み込みました。このボタンを押すことで、ホワイトバランスやAFモード、ISO感度やドライブモードなどの設定項目を呼び出し、サブ電子ダイヤル操作によってその設定を変更できます。

EOS M5のお買い求めはキヤノン公式のキヤノンオンラインショップで!

EOS Mシリーズのハイエンド機として貫禄十分のEOS M5! 電子ビューファインダー(EVF)やデュアルピクセルCMOS搭載など、先代EOS M3から飛躍的進化を遂げたカメラになりましたね。高性能なサブ機として、いいえ、メインカメラとして大活躍しそうなEOS M5。さっそく紅葉シーズンの撮影旅行に連れて行きたいですね。

ご予約、ご購入はぜひ、キヤノンの公式オンラインショップ「キヤノンオンラインショップ」で。安心して製品をご購入いただけます。お買い物金額に応じてお得なポイントもつきます。5,000円(税込)以上のご注文は送料無料です。

「キヤノンフォトサークル」誌を定期購読しませんか?

キヤノンフォトサークル会報誌

「キヤノンフォトサークル」は約100ページのフルカラー月刊誌。
新製品の技術レポートや著名写真家の作品紹介、フォトテクニックを学べる記事など、
写真がもっと好きになる情報が満載です。

1年間の定期購読を申し込めば、さらにお得な特典が!

・カメラやレンズの「モニター貸し出し」
・鉄道,飛行機,ポートレートの撮影イベントへの参加
・カメラ修理費用, EOS学園受講の割引サービス

詳しくはこちら

その他にも、さまざまなコンテンツが満載

CANON iMAGE GATEWAY ホーム画面へ