ゾウの撮影テクニック

ゾウ作品1

動物園でもっとも大きな体をしているのがゾウです。体が大きいので特別な望遠レンズがなくても大きくねらうことができます。しかし、ゾウの全身を入れると、広く写るぶん逆に背景の処理が難しくなります。そんなときは画面いっぱいに写して背景を消してしまいましょう。

EOS 7D Mark II・EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM・1/1250・F5.6・-1 1/3補正・ISO640・撮影:井村淳

ゾウ作品2

ゾウは鼻が長い動物です。しかし、必ずしもその特徴をねらわなくてもよいのです。横から見たゾウのお尻だってアップにしたら面白いですよ。ゾウの皮膚には、こんなに長い毛が生えていることも発見できます。

EOS-1D Mark IV・EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM・1/1000・F5.6・-1 1/3補正・ISO160・撮影:井村淳

ゾウ作品3

ゾウは動物園ではそれほど大きな群れで飼育されていることはないですが、親子や子供同士でじゃれることがあります。力試しのように鼻で押し合っています。そんな場面でも全体をねらうのではなく、力の入った鼻と表情を大きくねらうとよいでしょう。もちろん背景にも気を配りながらです。

EOS 7D Mark II・EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM・1/500・F11・-2/3補正・ISO500・撮影:井村淳

ポイントまとめ

比較的撮影しやすい体の大きなゾウは部分的な形を切り取ると面白いです。部分的にとらえると体の割に小さな目や皮膚の質感なども見えてきます。アップにすることで力強さもねらえます。

1)巨大なゾウを画面いっぱいにフレーミングする

2)長い鼻にだけ注目しない。特徴をよく見て撮ろう

3)力強くじゃれ合う姿をクローズアップでねらう

写真・解説 井村淳

「動物」の撮り方、EOS学園で
井村先生に直接習ってみませんか?

初めてEOSを購入した初心者の方から、さらにレベルアップを目指している方まで、写真を学びたい多くの方々にご満足頂ける写真学校です。丁寧でわかりやすい講義と、実践的で楽しい撮影実習の両面から写真の上達を目指します。

講座の詳細・お申し込みはこちら
井村先生